[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が“今季最もエゲツない投手” 2万3000人ファン投票で決定「別次元のスキル」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、打っては34本塁打、投げては15勝と二刀流で躍動。米投球分析家はファンに投票を呼び掛ける形で「2022年MLBで最もエゲツない投手」を決めたが、大谷が好投手たちを抑えて1位に選出された。

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

「ピッチングニンジャ」がファンに投票呼び掛ける形で選出

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、打っては34本塁打、投げては15勝と二刀流で躍動。米投球分析家はファンに投票を呼び掛ける形で「2022年MLBで最もエゲツない投手」を決めたが、大谷が好投手たちを抑えて1位に選出された。

 投手・大谷が脚光を浴びた。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏は「最もエゲツない投手」と表して、64人の候補を選出。ツイッター上でファンに投票させ、候補者を段々と絞っていく方式をとった。

 大谷は準決勝で今季14勝9敗、防御率2.28でナ・リーグのサイ・ヤング賞本命とされるサンディ・アルカンタラ投手(マーリンズ)と激突。得票率52.4%と僅差で決勝に駒を進めた。そして決勝の相手は現役最強投手の呼び声高いジェイコブ・デグロム投手(メッツ)。ここでも得票率55.4%とわずかに上回り、大谷が見事「最もエゲツない投手」に選ばれた。

 フリードマン氏は「2万3000票の投票の末、2022年MLBで最もエゲツない投手はショウヘイ・オオタニ」と記して、大谷の選出を改めて報告。すると米ファンからは「彼のシンカーは来季もっと凄くなる」「MVP」「その通り」「確かに今季の野球界で最もエゲツない投手」「オオタニは別次元のスキルを持っている」との声が寄せられ、大谷の投球がファンに認められた形となった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集