[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三浦佳生、乗り越えた演技直前のハプニングにCBC称賛「脱帽した」「私ならできない」

フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(ミシソーガ)で17歳の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は男子シングル2位だった。カナダメディアではフリー直前に起きたアクシデントに注目。ものともしなかった三浦に「自分だったらできない」「脱帽した」と称賛が送られている。

スケートカナダの男子シングルで2位になった三浦佳生【写真:ロイター】
スケートカナダの男子シングルで2位になった三浦佳生【写真:ロイター】

スケートカナダで2位に

 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(ミシソーガ)で17歳の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は男子シングル2位だった。カナダメディアではフリー直前に起きたアクシデントに注目。ものともしなかった三浦に「自分だったらできない」「脱帽した」と称賛が送られている。

 合計265・29点で宇野昌磨に続く2位になった三浦。アクシデントはフリー直前、6分間練習の中で起きた。右の靴紐が切れてしまったようだ。地元カナダの公共放送「CBC」の公式YouTubeでは、番組ホストを務める元アイスダンス選手アッシャー・ヒル氏と、ソチ五輪団体銀メダリストのケヴィン・レイノルズ氏(ともにカナダ)がこの場面に言及していた。

 レイノルズ氏は「(6分間)練習残り1分で氷上に座っていたので、我々は何が起きたのかと不思議に思っていた。靴紐が切れたようだった」と目撃した出来事を振り返り「ショウマ・ウノのパフォーマンスの後に滑る、プレッシャーもあったと思いますが」「足のことを考慮し、1時間ほどで戦略を練り直さなければいけなかったはず」などと難しい状況になったことにも触れていた。

 それでも三浦はフリーを滑り切り、2戦連続の2位に。レイノルズ氏は「彼は準備ができていた。完璧ではなかったが。4回転で転倒があったが後半は優れた立て直しだった。私は脱帽したと言いたい」と切り替えを称賛。ヒル氏は笑いながら「自分だったらできない」と話していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集