[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉野修一郎、中谷正義に6回KO勝ち! ライト級の日本人頂上決戦、悲願の世界挑戦へ前進

ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)ライト級(61.2キロ以下)タイトルマッチ12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3度目の防衛戦となった王者・吉野修一郎(三迫)が同級4位・中谷正義(帝拳)に6回1分14秒でKO勝ちした。ライト級の日本人頂上決戦となった好カードを制し、悲願の世界挑戦へ一歩前進した。これで戦績は31歳の吉野が16勝(12KO)、33歳の中谷が20勝(14KO)3敗となった。

中谷正義に6回KO勝ちを収めた吉野修一郎【写真:荒川祐史】
中谷正義に6回KO勝ちを収めた吉野修一郎【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)ライト級(61.2キロ以下)タイトルマッチ12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3度目の防衛戦となった王者・吉野修一郎(三迫)が同級4位・中谷正義(帝拳)に6回1分14秒でKO勝ちした。ライト級の日本人頂上決戦となった好カードを制し、悲願の世界挑戦へ一歩前進した。これで戦績は31歳の吉野が16勝(12KO)、33歳の中谷が20勝(14KO)3敗となった。

 試合は静かな立ち上がりとなったが、初回、2回と終了間際に激しい打ち合いとなるなど次第に白熱した試合に。3回には偶然のバッティングで中谷が左目の下をカットし、流血した。5回終了間際、吉野がロープ際に追い詰めた中谷に猛攻を浴びせてダウンを奪取。6回には中谷が2度目のダウンを喫して立ち上がったが、陣営がストップをかけて吉野のKO勝利となった。

 世界でもタレントの多いライト級。31歳の吉野は今年4月、元WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)に負傷判定勝ちし、2度目の防衛に成功した。現在はWBO9位、WBC11位、IBF13位、WBA15位と主要4団体全てで世界ランク入り。中谷戦へ「勝った方が海外で戦えると思っている」と息巻いていた。

 かつて東洋太平洋同級王座を11度防衛した33歳の中谷は、元世界同級王者テオフィモ・ロペス(米国)、元世界3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)ら世界的な猛者たちと戦ってきた。ともに敗れたものの、世界での評価を高める激闘。今年6月には、ロマチェンコ戦から1年ぶりの再起戦で初回KO勝ちを収めた。現在の世界ランクはWBC10位につけている。

 今興行はダブルメインカードとして、WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が王座統一戦を予定。WBO世界同級2位・岩田翔吉(帝拳)はWBO世界同級王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に世界初挑戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集