[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国内ボクシングで珍事 リングアナが痛恨の言い間違え、KO勝ち吉野修一郎は“神対応”

ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)ライト級(61.2キロ以下)タイトルマッチ12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3度目の防衛戦となった王者・吉野修一郎(三迫)が同級4位・中谷正義(帝拳)に6回1分14秒でKO勝ちした。勝利後のリングインタビューでは珍事も。リングアナを務めた木村拓也アナウンサーの言い間違いに、吉野は笑顔を見せ、気にしていない素振りを見せていた。

名前を間違えた木村拓也アナに笑顔を見せる吉野修一郎【写真:荒川祐史】
名前を間違えた木村拓也アナに笑顔を見せる吉野修一郎【写真:荒川祐史】

勝利後インタビューでリングアナが相手選手の名前を口にするミス

 ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)ライト級(61.2キロ以下)タイトルマッチ12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3度目の防衛戦となった王者・吉野修一郎(三迫)が同級4位・中谷正義(帝拳)に6回1分14秒でKO勝ちした。勝利後のリングインタビューでは珍事も。リングアナを務めた木村拓也アナウンサーの言い間違いに、吉野は笑顔を見せ、気にしていない素振りを見せていた。

 ライト級の日本人頂上決戦でKO勝ちした吉野。試合後のリングインタビューでは「中谷さんに勝って、世界に自信を持って行けると思う。世界戦見たくないですか?皆さん!」と呼び掛けた。

 インタビューの締めで、木村アナが痛恨のミス。「見事、防衛に成功しました、そして国内最強を証明しました中谷チャンピオンでした」と、相手の中谷の名前を口にしてしまった。すぐに気づいた木村アナは焦った様子で「大変失礼しました、ごめんなさい」と謝罪。隣の吉野は笑顔を見せていた。

 木村アナの謝罪はこれに留まらず「大変申し訳ありませんでした!」「本当にすみませんでした!」と何度も連呼。「リスペクトに本当に欠けることをしてしまいました。改めて、吉野チャンピオンでした!」と強調していた。吉野は頭を深々と下げた木村アナに、手を叩いて笑ながらも「気にしなくていい」というかのように手を肩に当てていた。

 今興行はダブルメインカードとして、WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が王座統一戦を予定。WBO世界同級2位・岩田翔吉(帝拳)はWBO世界同級王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に世界初挑戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集