[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、難敵に尻もちつかせた衝撃KOから2年 米未だ興奮の声「どうやって防ぐの?」

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は12月13日にWBO王者ポール・バトラー(英国)と対戦する。大一番が迫る中、10月31日(日本時間11月1日)にはちょうど2年前に披露したKO劇が再び脚光を浴び、米ファンからは「どうやって防ぐの?」「ハンマーパンチ」と改めて驚きの声が寄せられている。

井上尚弥がジェイソン・マロニーにKO勝ちしてから2年が経った【写真:Getty Images】
井上尚弥がジェイソン・マロニーにKO勝ちしてから2年が経った【写真:Getty Images】

「雷鳴のような右」と伝えられたカウンターとは

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は12月13日にWBO王者ポール・バトラー(英国)と対戦する。大一番が迫る中、10月31日(日本時間11月1日)にはちょうど2年前に披露したKO劇が再び脚光を浴び、米ファンからは「どうやって防ぐの?」「ハンマーパンチ」と改めて驚きの声が寄せられている。

 難敵が崩れ落ちたあのKO劇から2年が経った。井上の米ラスベガスデビュー戦。ジェイソン・マロニーを相手にした7回だった。井上が完璧なタイミングでカウンターを打ち込む。右ストレート一閃、まともに食らったマロニーは尻もちをつくようにキャンバスに倒れこんだ。これまでKO負けのなかった猛者も立ち上がることができない。井上のKO勝利となった。

 ちょうど2年が経過したタイミングで、井上とプロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社公式インスタグラムが実際の映像を公開。米ファンも次々と反応した。コメント欄には「彼と戦いたくない理由」「ハンマーパンチ」「どうやって防ぐの?」「次のイノウエ戦が待ち遠しい」「マロニーが可哀相だ」「もう2年前?」「はじめの一歩実写版」などと驚愕の声が集まった。

 当時、米誌「スポルティングニュース」のオーストラリア版では「雷鳴のような右で仕留めた」などと伝えられていた一撃。バトラーとの大一番には世界のボクシングファンから注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集