[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「帝拳ジムには世界王者がいないと」 初挑戦まで4日、岩田翔吉が名門の「責任」強調

ボクシングのWBO世界ライトフライ級2位・岩田翔吉(帝拳)が28日、11月1日にさいたまスーパーアリーナで行われる王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)への世界初挑戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。軽快なシャドー、ミット打ちなどを披露。名門・帝拳ジムに世界王座を取り戻すことを誓った。戦績はV2を狙う31歳のゴンサレスが26勝(14KO)3敗1分け、26歳の岩田が9勝(6KO)。

サンドバッグを打つ岩田翔吉【写真:浜田洋平】
サンドバッグを打つ岩田翔吉【写真:浜田洋平】

「11.1」さいたまSAでライトフライ級ダブル世界戦

 ボクシングのWBO世界ライトフライ級2位・岩田翔吉(帝拳)が28日、11月1日にさいたまスーパーアリーナで行われる王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)への世界初挑戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。軽快なシャドー、ミット打ちなどを披露。名門・帝拳ジムに世界王座を取り戻すことを誓った。戦績はV2を狙う31歳のゴンサレスが26勝(14KO)3敗1分け、26歳の岩田が9勝(6KO)。

 すぐにでもリングに上がりたいくらい息巻いていた。岩田はシャドーで軽快な動きを見せると、粟生隆寛トレーナーのミットにリズムよくパンチを叩き込んだ。気合いの入った声を上げながら、サンドバッグを打つなど約50分。しっかりと汗を流した。

「コンディションは絶好調。減量もリミットまであと1.5キロくらいでいつもより早めに落ちている。本当にめちゃくちゃ楽しみです。大きな舞台で初挑戦させていただけるので、ハードな練習も充実していた。楽しみで仕方ない。KOで勝ちたいです」

 9歳の時に総合格闘家の故・山本“KID”徳郁氏のジムに入門。中学2年でボクシングに専念した。アマチュアだった東京・日出高時代には、のちにプロで世界王者になる井上拓真や田中恒成に勝利したことがあり、3年時には高校総体で優勝。18年12月に米国でプロデビューした。

 帝拳ジムでは、4月にWBA世界ミドル級スーパー王者だった村田諒太が、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回TKO負け。6月にはIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一が同級3位ジョゼフ・コーディナ(英国)に2回KO負けを喫し、ともに王座陥落した。

 日本を代表する名門ジムに5か月近く世界王者がいない状況。岩田は「帝拳ジムには世界チャンピオンがいないといけない。そこの責任があります。自分がしっかり勝つ」とチャンピオンベルトを取り戻す気概を見せた。97ラウンドを消化したスパーリングは27日で打ち上げ。村田が訪れた日もあり、「調子いいね」と激励されたという。この日はジムOBの元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏も練習を見守った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集