[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

先週F1の「とんでもない最終周」に海外熱狂 熾烈デッドヒートに「劇的だ!」の声

自動車レースのF1第19戦アメリカGPは23日(日本時間24日)に決勝が行われた。今季限りでの引退を発表しているセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は7位でポイント奪取。ケビン・マグヌッセン(ハース)と激闘を繰り広げ、見事にオーバーテイクした最終周にF1が脚光を浴びせると、海外ファンを「劇的だ」「引退しないでくれ」と熱狂させている。

アメリカGPに参戦したセバスチャン・ベッテル【写真:ロイター】
アメリカGPに参戦したセバスチャン・ベッテル【写真:ロイター】

アメリカGPの最終ラップでドラマ

 自動車レースのF1第19戦アメリカGPは23日(日本時間24日)に決勝が行われた。今季限りでの引退を発表しているセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は7位でポイント奪取。ケビン・マグヌッセン(ハース)と激闘を繰り広げ、見事にオーバーテイクした最終周にF1が脚光を浴びせると、海外ファンを「劇的だ」「引退しないでくれ」と熱狂させている。

 猛追した。一時首位を走るもピットストップでタイムロスし大きく後退。しかし諦めずにひとつずつ順位を上げ、9番手で迎えた最終周だ。目の前にマグヌッセンを捉えるとエンジン全開でデッドヒートを繰り広げた。ベッテルがストレートで横に並ぶも、マグヌッセンも簡単には抜かせない。その後のコーナーでも熾烈な駆け引きを繰り返すと、最後はベッテルがインを突いてオーバーテイクした。

 ゴール直後にはベッテルも無線で「アドレナリン全開だったよ」と振り返った激闘。実際の映像をF1公式ツイッターが公開。文面に「この男は2022年で引退する。セブのとんでもない最終周」と驚きを記すと、海外ファンからは「劇的だ」「2人とも素晴らしいファイトだった」「ベッテルは真のレジェンドだ」「引退しないでくれ」「これぞベッテル」「完璧だ!」とコメントが寄せられていた。

 8番手でゴールしたベッテルだが、レース後フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のペナルティで7位に繰り上がった。優勝は、すでに年間総合優勝を決めているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。今季13勝目をマークした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集