[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本での優勝は誇り」 ZOZOで4年ぶり復活Vブラッドリーが涙「最上級の大会だから」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終日が16日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われ、1打差の2位で出たキーガン・ブラッドリー(米国)が1498日ぶりの復活優勝を遂げた。4バーディー、2ボギーの68で回り、通算15アンダーで逆転。2018年以来4年ぶりのツアー通算5勝目に「日本での優勝は誇り。ファーストクラスの大会だから」と涙ながらに語った。

ZOZOチャンピオンシップで1498日ぶりの復活優勝を遂げたキーガン・ブラッドリー【写真:Getty Images】
ZOZOチャンピオンシップで1498日ぶりの復活優勝を遂げたキーガン・ブラッドリー【写真:Getty Images】

ZOZOチャンピオンシップ最終日

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終日が16日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われ、1打差の2位で出たキーガン・ブラッドリー(米国)が1498日ぶりの復活優勝を遂げた。4バーディー、2ボギーの68で回り、通算15アンダーで逆転。2018年以来4年ぶりのツアー通算5勝目に「日本での優勝は誇り。ファーストクラスの大会だから」と涙ながらに語った。

 ウィニングパットを決めた瞬間、天に向かって両拳を突き上げた。キャディーとすぐにハグ。目を潤ませながら同伴競技者と健闘を称え合った。インタビューでは涙ながらに語った。

「感情を抑えようとしていたんだけどね。本当に感謝したいのは妻に対してです。家族にはいろんな犠牲を払わせてしまった。あとコーチにも。みんなのことが大好きだ」

 インタビュー動画をPGAツアー公式SNSが公開。ブラッドリーは25歳で海外メジャー・全米プロ選手権を制するなど、若くして活躍した。しかし、最後の優勝は4年前。PGAツアーによると、1489日ぶりの優勝だったという。この日は14、16番でボギーをたたきながら17番でバーディー。踏みとどまった心境を明かした。

「えっとね。聞いてくれよ。練習をたくさんやってきたんだ。簡単なことじゃないことを知っていたし、16番の2つのパットは大きかった。簡単じゃない。だから、準備をして臨んだ17番のバーディーは人生最高のホール。特別なものだった。最終組でプレーした時、ここでタイガーが勝ったのを見ていた。日本のZOZOで優勝できたこと、誇りに思う。ありがとう。ファーストクラス(最上級)の大会だから。アメージングなゴルフコースなんだ」

 日本のギャラリーから大きな拍手を浴びた36歳。「オフシーズンにたくさん練習してきた。大会で勝ちたいんだ! ライダーカップでプレーしたいんだ。そういう会話をしたい。良いスタートだったと思う」。目には光るものがあった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集