[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、4団体統一に隠れた世界初の記録 カネロも超える、過去8人ができなかった偉業

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行うと正式発表した。神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。勝てばアジア人初の4団体統一を果たすが、実は世界初の記録が2つかかっている。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、33歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

横浜市内のホテルで会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
横浜市内のホテルで会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

有明アリーナで井上尚弥VSバトラー

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行うと正式発表した。神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。勝てばアジア人初の4団体統一を果たすが、実は世界初の記録が2つかかっている。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、33歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

 長いボクシング史でも世界で過去8人しかいない4団体統一王者。バーナード・ホプキンス、カネロことサウル・アルバレス、テレンス・クロフォードなど名だたる最強ボクサーたちのみが手にしてきた肩書きだ。しかし、そんな8人をも超える記録が井上にはかかっている。

 井上は2018年5月のジェイミー・マクドネル戦でバンタム級デビュー。WBA王座を奪うと、19年5月にエマヌエル・ロドリゲスからIBF王座を奪取した。今年6月にはノニト・ドネアからWBC王座を奪取。他団体王者から一つずつベルトを奪い、すべてがKO勝ちだった。

 一方、過去の8人は1試合で一気に2つ以上のベルトを奪った試合、世界ランカー同士の王座決定戦で勝った試合も含まれている。4人の王者から1本ずつベルトを奪った選手はいない。しかも、判定勝ちもあり、井上のように全KOではなかった。

 この日、全てKOなら世界初となることを聞かされた井上は、「そこに関してはこだわりはないけど、バトラーに判定勝ちとは考えていない。必然的にそうなる」と当然のKO宣言。大橋会長は「全てKOでタイトル奪取は大変偉業。WBA、IBF、WBCと3つKO。4つ目が難しいと思っていたところで実現した。KOで勝てば4戦パーフェクト。期待しかない」と力を込めた。

 また次戦以降は1つ上のスーパーバンタム級に転向する可能性も。同級のWBAスーパー&IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)、WBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)の両王者への挑戦を目指すことになるが、2階級で4団体統一を成し遂げた選手はいない。井上は「まだまだ上を目指しているので、ここがゴールではなく通過点。この先のキャリアの中の一戦だと思う」と事もなげに語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集