[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳河本力のパワー炸裂! 608yパー5を楽々2オン、55位発進も「飛距離は負けてない」

日本開催の米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップが13日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で開幕した。ルーキーながら今季ツアー2勝の22歳・河本力は5バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの72で回って2オーバーとし、首位に8打差の55位と出遅れた。それでも、14番パー5(608ヤード)で2オンに成功するなど、世界最高峰ツアーのデビュー戦で持ち前のパワーを披露。底知れぬポテンシャルを見せつけた。

ZOZOチャンピオンシップ初日をプレーする河本力【写真:Getty Images】
ZOZOチャンピオンシップ初日をプレーする河本力【写真:Getty Images】

米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ初日

 日本開催の米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップが13日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で開幕した。ルーキーながら今季ツアー2勝の22歳・河本力は5バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの72で回って2オーバーとし、首位に8打差の55位と出遅れた。それでも、14番パー5(608ヤード)で2オンに成功するなど、世界最高峰ツアーのデビュー戦で持ち前のパワーを披露。底知れぬポテンシャルを見せつけた。

 14番パー5。河本は「ドライバーはあまり当たらなかった」と言いながら、ボールをピンまで残り280ヤードまで運んだ。第2打のために手にしたのは2番アイアン。これを振り抜き、楽々と2オンに成功した。

「同組の選手よりもボールは前に行っていました。飛距離の面では負けている感じはありませんでした」

 国内ツアーでの今季ドライバー平均飛距離は、全体1位で326.41ヤード。そのパワーをいかんなく発揮した河本だが、フェアウェーキープ率は46.15%で「ティーショットに苦しむ1日でした」と振り返った。言葉通り、スタートの10番パー4から第1打を右に曲げ、林からの第2打を左打ちで反対側のラフに運んだ。第3打をピン3メートルにつけて「ナイスパー」にし、前半は2アンダーで折り返すも、後半はパー3で2つのダブルボギーをたたくなどした。

「同組の2人が8番アイアンでティーショットを打っていたので、自分は9番アイアンを持って、池に入れました。頭の悪さが出てしまいました」

 前日は、「1日3アンダーが目標で、前のめりにならないように」と言っていたが、この日は「緊張がありました。自分が『ここにいない』という感じもありました」と振り返った。それでも、本場の選手をも圧倒するパワーを披露し、本人も「すぐにでもこっちでやりたくなりました」と言った。

 今大会は予選落ちがなく、若い河本が伸び伸びとプレーできる状況もある。ドライバーショットの修正についても、「できるはずです。(自分に)期待しています」と言った。首位のブレンダン・スティール(米国)とは8打差がついたが、河本は自分の可能性を信じながら、上を目指していく。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集