[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、次がバンタム級最終戦か「普通の防衛戦ならやらない」 来年は4階級制覇へ

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行うと正式発表した。神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。次戦がバンタム級での最終戦となる可能性を明かした。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、33歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

横浜市内のホテルで会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
横浜市内のホテルで会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

有明アリーナで井上尚弥VSバトラー

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行うと正式発表した。神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。次戦がバンタム級での最終戦となる可能性を明かした。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、33歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

 王者が乱立する現代ボクシングの中で真の階級No.1が決まる。井上は2018年5月のジェイミー・マクドネル戦でバンタム級デビュー。WBA王座を奪うと、19年5月にエマヌエル・ロドリゲスからIBF王座を奪取した。今年6月にはノニト・ドネアからWBC王座を奪取。同級9試合目となるバトラー戦に勝てば、この階級でやり残したことは実質的になくなる。

 この試合の位置づけについて、こう明かした。

「常々、4団体統一を口にしてきた。バンタム級の最終章、スーパーバンタム級へのスタート。まだまだ上を目指しているので、ここがゴールではなく通過点。この先のキャリアの中の一戦だと思う」

 以前から1つ重いスーパーバンタム級転向も視野に入れてきた。この日はバトラー戦以降もバンタム級に留まる可能性も視野に入れながら、「よっぽどのビッグマッチじゃない限り(階級を)上げます。普通の防衛戦だったらやらないです」と断言。しかし、「噂によると、大橋(秀行)会長がこちょこちょ交渉しているらしい」と笑った。

 大橋会長はバンタム級に留まることについて、「いい相手がいればですが」とコメント。井上の意向を最優先することは変わらず、基本的には「スーパーバンタム級の2冠王者になる」とターゲットに見据えているという。WBAスーパー&IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)、WBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)の両王者への挑戦を目指すことになりそうだ。

 井上は約1年前から同門で元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーのもとでトレーニング。「スーパーバンタム級に上げることを見据えてお願いした。体つきも明らかに変わった。スーパーバンタム級で力を発揮できるように」と筋力アップを図ってきた。4階級制覇をすれば井岡一翔に次ぐ日本人2人目の偉業となる。

「ここから先は自分自身の挑戦。階級制の競技で上に挑戦するのは難しいこと。自分はバンタム級でも小さい方なので、スーパーバンタム級、フェザー級は本当に挑戦になる」

 まずはバトラーを倒すことが大前提だが、モンスターの夢は広がっている。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集