[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳永井花奈、5年ぶり優勝ならずも大ピンチ脱出で見せ場「自分を褒めてあげたい」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダ最終日が9日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)で行われた。3位から出た25歳の永井花奈(デンソー)は、5バーディー、1ボギーの68で回って通算11アンダーで2位。優勝した小祝さくら(ニトリ)には1打届かなかった。17番パー4では大ピンチを脱するも、大事な局面となった18番パー5のバーディーパットを決められず、唇を噛んだ。

スタンレーレディスホンダ、最終日にラウンドする永井花奈【写真:Getty Images】
スタンレーレディスホンダ、最終日にラウンドする永井花奈【写真:Getty Images】

スタンレーレディスホンダ最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダ最終日が9日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)で行われた。3位から出た25歳の永井花奈(デンソー)は、5バーディー、1ボギーの68で回って通算11アンダーで2位。優勝した小祝さくら(ニトリ)には1打届かなかった。17番パー4では大ピンチを脱するも、大事な局面となった18番パー5のバーディーパットを決められず、唇を噛んだ。

 最終18番パー5。2.5メートルのバーディーパットはカップ右を通り過ぎた。入っていればプレーオフ進出だったが“後悔先に立たず”だった。

「フックを読み過ぎました。もうちょっと冷静だったら、そこを真っ直ぐしっかり打てたのかなって感じもするんですけど……」

 グリーンは富士山から「順目」。選手たちは傾斜と富士山の位置を気にしながらプレーしていたが、勝負を懸けたパットはその計算が合わなかった。

 首位から出た小祝とは3打差からのスタート。8番パー5までの3バーディーで首位に並んだ。9番パー4をボギーにするも、15番パー4、16番パー3を連続バーディーとし、小祝、菅沼菜々、西郷真央とともに首位に並んだ。17番パー4では第1打を大きく左に曲げる大ピンチに陥るも、隣のホールの18番パー5のラフに落ちたところから2オンに成功。パーセーブでピンチを切り抜けた。

「本当にこれを生かさなきゃと思って、18番の3打目までは生かせていたような気がしたんですけど……。でも、ここまで来られたのは、自分を褒めてあげたいなと思います」

 2017年10月、樋口久子 三菱電機レディス以来のツアー2勝目は手にできなかったが、メルセデス・ランキングは35位から27位に浮上。次週の富士通レディース終了時で35位以内なら、米女子ツアーとの共催となるTOTOジャパンクラシック(11月3~6日、滋賀・瀬田GC北C)にも出場できる。その可能性を大きくした永井は「ショット、パッティングともにいい感じだったので、来週は優勝を狙って頑張っていきたいなと思います」と目を輝かせた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集