[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 英雄ファルカオが“サランスクの悪夢”から逆襲の誓い「日本戦はもう過去のこと」

英雄ファルカオが“サランスクの悪夢”から逆襲の誓い「日本戦はもう過去のこと」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組で日本代表はコロンビアを破る番狂わせを演じた。逆に本命視されていた南米の強豪は一転ピンチに追い込まれた。負けられない第2戦ポーランド戦へ向け、FWラダメル・ファルカオは「日本戦はもう過去のことだ」と切り替えを強調。「W杯で生き残るチャンスはまだある」と逆転突破に意欲を燃やしている。

ラダメル・ファルカオ【写真:Getty Images】
ラダメル・ファルカオ【写真:Getty Images】

日本にまさかの敗戦も…逆転突破に意欲「W杯で生き残るチャンスはまだある」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組で日本代表はコロンビアを破る番狂わせを演じた。逆に本命視されていた南米の強豪は一転ピンチに追い込まれた。負けられない第2戦ポーランド戦へ向け、FWラダメル・ファルカオは「日本戦はもう過去のことだ」と切り替えを強調。「W杯で生き残るチャンスはまだある」と逆転突破に意欲を燃やしている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 コロンビアの英雄は、闘志は少しも失せていない。コロンビア代表の歴代通算最多得点記録を持つファルカオは第2戦へ向け、切り替えを強調している。21日に会見に出席した背番号9は「日本戦はもう過去のことだ」とキッパリと言い放った。

 日本戦は前半3分に退場者を出し、一度は追いつきながらも最後に力尽きた。自身もフル出場を果たしたが、ゴールを奪えず。よもやの勝ち点0となった。日本は“サランスクの奇跡”と盛り上がったが、コロンビアにすれば“サランスクの悪夢”。それでも「ポーランド戦では自分たちがもっと強くなれるやり方を探したい」と前を向いた。

「過去にもこういう経験はしてきた」とファルカオは言う。「予選のパラグアイ戦にホームで敗れたあと、ペルー戦もすごく厳しい試合だった。ブラジル戦もチリ戦もそうだ」。南米予選では残り2戦の正念場でパラグアイにホームで敗れ、最終戦のペルー戦で引き分け、勝ち点1を獲得。5位ペルーと勝ち点1差で自動出場権の4位に滑り込んだ。

「そこで自分たちの本質を見せてきた。W杯で生き残るチャンスはまだある。そのことが残り2試合に向けた力になる」

 苦境にいる時こそ“本質”を発揮してきたというコロンビア。第2戦のポーランド戦は互いに初戦を落とし、敗れれば自動的に敗退となる。意地でも勝ち点3を得たいところ。果たして、日本戦の悪夢を振り払い、逆襲を演じられるか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー