[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の弾丸189km二塁打で実況席爆笑 右中間なのに「二塁手がジャンプしてます」

米大リーズのエンゼルス・大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席でタイムリー二塁打をマーク。日米通じて自己最長の18試合連続安打を記録した。驚きの時速117.2マイル(約188.7キロ)の弾丸二塁打だった。この打球に相手二塁手が取っていた行動に地元実況席が爆笑した。

アスレチックス戦の第3打席で18試合連続安打となる適時二塁打を放ったエンゼルス大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦の第3打席で18試合連続安打となる適時二塁打を放ったエンゼルス大谷翔平【写真:ロイター】

打球を放っていた瞬間、アスレチックス二塁手の反応とは

 米大リーズのエンゼルス・大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席でタイムリー二塁打をマーク。日米通じて自己最長の18試合連続安打を記録した。驚きの時速117.2マイル(約188.7キロ)の弾丸二塁打だった。この打球に相手二塁手が取っていた行動に地元実況席が爆笑した。

 思わず、二塁手が反応してしまう打球だった。2-0とリードした5回1死一塁、大谷は右腕マルティネスの速球を捉えた。時速188.7キロの超高速で低く打ち出された打球。思わず二塁手のディアスが跳び上がったが、実際には遥かに伸び、右中間を真っ二つに割る二塁打に。一塁走者が生還し、今季95打点を記録するとともに、日本時代を超える自己最長18試合連続安打もマーク。この一打で先発のマルティネスをKOした。

 エンゼルスの地元ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席は、実況のパトリック・オニール氏が「連続試合安打を18に伸ばした。ロケットだ。適時二塁打になった。ショータイム!」と興奮気味に伝えると、球団OBの解説マーク・グビザ氏も「マジでとんでもない。球は破壊されましたよ。117マイルです。凄すぎるよ! ワオ!」とため息を漏らした。

 さらに、ネット裏から捉えたVTRを見ながら「119マイルが今年あったんですが、117マイルですか……」と話していた実況のオニール氏はこの時、二塁手のディアスの行動を発見。「(二塁手が)ジャンプしてますよ(笑)」と思わず笑い出してしまった。大谷の規格外の打球速度が生み出した“珍事”に実況席も視線が釘付けになっていたようだ。チームは延長戦の末、4-5で敗れて連勝がストップした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集