[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、超高速の弾丸189km二塁打で先発ノックアウト 米記者「連続試合安打は18に」

米大リーズのエンゼルス・大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席でタイムリー二塁打をマーク。日米通じて自己最長の18試合連続安打を記録した。驚きの時速117.2マイル(約188.7キロ)の弾丸二塁打だった。

アスレチックス戦の第3打席で18試合連続安打となる適時二塁打を放ったエンゼルス大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦の第3打席で18試合連続安打となる適時二塁打を放ったエンゼルス大谷翔平【写真:ロイター】

日米通じて自己最長の18試合連続安打をマーク

 米大リーズのエンゼルス・大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席でタイムリー二塁打をマーク。日米通じて自己最長の18試合連続安打を記録した。驚きの時速117.2マイル(約188.7キロ)の弾丸二塁打だった。

 圧巻の弾丸二塁打でメモリアルなヒットを記録した。2-0とリードした5回1死一塁、大谷は右腕マルティネスの速球を完璧に捉えると、すっ飛んでいった打球は右中間を真っ二つ。一塁走者が生還し、今季95打点を記録するとともに、日本ハム時代を超える自己最長18試合連続安打もマークした。この一打で先発のマルティネスをKOし、ツイッター上の米記者も続々と反応した。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニが適時二塁打を放ち、連続安打試合数を18に伸ばした。MLBキャリア最高を更新中。今季30本目の二塁打で、打球速度は117.2マイル」と伝えた。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「ショウヘイ・オオタニが右中間に適時二塁打。連続試合安打は18に」と速報し、シーズン最終盤に快音が止まらない二刀流の躍動を報じた。 

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集