[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

凱旋門賞前日に衝撃 4000mG1で外ラチ大斜行→20馬身差Vに海外唖然「芝が死んでいる」

海外競馬のG1レースで衝撃の圧勝劇が生まれた。凱旋門賞前日の1日、同じフランス・ロンシャン競馬場で行われたカドラン賞(芝4000メートル)で先頭を走る馬がラスト200メートルで外ラチまで大斜行しながら20馬身差で勝った。ファンの間に「マキバオーの世界」「リフレイムより凄い」と驚きが走っている。

G1カドラン賞を制したキプリオス【写真:Getty Images】
G1カドラン賞を制したキプリオス【写真:Getty Images】

カドラン賞で欧州最強長距離馬キプリオスが衝撃の圧勝

 海外競馬のG1レースで衝撃の圧勝劇が生まれた。凱旋門賞前日の1日、同じフランス・ロンシャン競馬場で行われたカドラン賞(芝4000メートル)で先頭を走る馬がラスト200メートルで外ラチまで大斜行しながら20馬身差で勝った。ファンの間に「マキバオーの世界」「リフレイムより凄い」と驚きが走っている。

 まさかの結末だった。欧州伝統の長距離G1。道中2、3番手につけていた1番人気のキプリオス(牡4)は終盤のフォルスストレートで先頭に立ち、4角から直線を迎えると、一気に後続を突き放した。5馬身、10馬身と差をつけ、ラスト200メートルを切ったあたりだ。内ラチ沿いを走っていたキプリオスが突然、外に膨らんだ。内の荒れた馬場を嫌ったのか、スタミナ切れか。鞍上のライアン・ムーア騎手も必死に手綱をしごき、左ムチを入れるが、どんどん外へ。

 なんと、そのまま直線を横切るようにして外ラチに到達。先頭で駆け抜けたのだ。しかし、2着には20馬身差の圧勝。これで6連勝、G1・4連勝を飾り、欧州最強ステイヤーのキプリオスだったが、ラスト1ハロンで演じた驚きの結末にはファンも仰天している。

 英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターは「ワオ! キプリオスはスーパースターだ! カドラン賞でエイダン・オブライエンの管理馬でライアン・ムーアが騎乗した馬は、スタンドの方に行ってしまうもライバルたちを撃破」と記し、最後の直線映像を投稿した。

 返信欄では、目の当たりにした海外ファンからは「馬は疲れていたんだな」「芝は死んでいるように見える」「信じられないパフォーマンスだ」「ぶっちぎりじゃん」「モンスターのような馬だ」「他の馬たちがゆっくりに見えるほど」「凄い」と驚きの声が上がっていた。また、日本人からも「マキバオーの世界」「リフレイムより凄い」「令和のシーバード的な?」「エイシンヒカリかな?」「ファンサしてるw」と反響が寄せられた。

 同じコースで2日は欧州競馬の最高峰、G1凱旋門賞が行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集