[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

普段は新幹線運転士、伊吹主税が真のフィジーク日本一 無差別級頂点に壇上で涙溢れる

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「JBBF FITNESS JAPAN GRAND CHAMPIONSHIPS 2022」が1日に東京都内で開催された。各階級のトップ選手たちがオーバーオール(無差別級)で筋肉美を競い、メンズフィジークでは伊吹主税(いぶき・ちから)が初優勝。現役の新幹線運転士でもある31歳は、壇上で歓喜の涙を流した。

伊吹主税(9月に撮影)【写真:中戸川知世】
伊吹主税(9月に撮影)【写真:中戸川知世】

JBBF FITNESS JAPAN GRAND CHAMPIONSHIPS 2022

 日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「JBBF FITNESS JAPAN GRAND CHAMPIONSHIPS 2022」が1日に東京都内で開催された。各階級のトップ選手たちがオーバーオール(無差別級)で筋肉美を競い、メンズフィジークでは伊吹主税(いぶき・ちから)が初優勝。現役の新幹線運転士でもある31歳は、壇上で歓喜の涙を流した。

 先月行われた「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」の176センチ以下級で連覇を達成している伊吹。同じく180センチ超級を制した直野賀優、172センチ以下級を制した長澤秀樹と、この日はトップ3の争いになった。長澤が3位、直野が2位と発表され、自身の優勝が決まると伊吹は感極まり、壇上で涙を流した。

 伊吹は現役の新幹線運転士でありながら、トレーニングも両立。逆立ちで50メートル程進める身体能力を誇り、「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」の優勝後は「グラチャンではメダル圏内、優勝できれば」と語っていたが、悲願を掴んだ。11月にスペインで行われる世界大会にも出場する。メンズフィジークの結果は以下の通り。

優勝:伊吹主税
2位:直野賀優
3位:長澤秀樹
4位:木村拳太
5位:外間博也
6位:穴見一佐

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集