[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 桃田賢斗「ジュニアの夢、目標に」 東京五輪の会場でジャパンOP初制覇へ

桃田賢斗「ジュニアの夢、目標に」 東京五輪の会場でジャパンOP初制覇へ

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」(9月11日~16日、東京都調布市)の開催発表が19日に都内で行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)ら日本代表の出場候補選手が抱負を語った。

抱負を語る桃田賢斗【写真:平野貴也】
抱負を語る桃田賢斗【写真:平野貴也】

東京五輪と同会場で行われる国際大会「大会の目標は、もちろん優勝すること」

 バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」(9月11日~16日、東京都調布市)の開催発表が19日に都内で行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)ら日本代表の出場候補選手が抱負を語った。2020年東京五輪のバドミントン競技会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザで開催され、2年後の大舞台をイメージさせる大会となる。桃田は「大会の目標は、もちろん優勝すること。日本で開催される一番大きな国際大会。自分たち日本代表が活躍することによって、ジュニア(年代)の選手たちの夢であったり、目標になったりできると思う」と3年ぶりの出場となる大会で初優勝を誓った。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 BWF(国際バドミントン連盟)は今季から国際大会を再編。今大会は、BWFが主催するワールドツアーの1つとして行われる。ツアーの上位成績者のみが参加するファイナルズや、ワールドツアーの中でスーパー1000に次ぐランクのスーパー750の大会で、賞金総額は昨年の約2倍となる70万ドル(約8000万円)にアップした。予選は行われず、世界ランク32位以内の選手に出場権が与えられる。

 日本バドミントン連盟の銭谷欽治専務理事は「(主要国際大会で)常に上位争いをしている日本代表がフルで参戦する。世界選手権(7月30日~、南京)、アジア大会(8月18日~、ジャカルタ)のすぐ後にこの大会を開く。世界のトッププレーヤーも2020年に向けた重要な大会と位置付けている。まだ正式に決まっていないが、2019年は五輪のテストマッチとして同じ会場で(開催時期を早めて)7月末の開催を予定している」と話し、プレ五輪としての性質を持つ大会であることを強調した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー