[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ピッチ外のW杯物語 ブラジルの亡き名物サポーターが遺した“カウボーイ帽の行方”

ピッチ外のW杯物語 ブラジルの亡き名物サポーターが遺した“カウボーイ帽の行方”

連日、熱戦が繰り広げられているサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。ピッチを彩る選手だけでなく、客席から声援を送るサポーターもしばしば脚光を浴びる。海外メディアは、ブラジルのW杯名物サポーターが前回大会後に亡くなっていたことを紹介。その遺志を継ぎ、愛息が現地ロシアで観戦していることを紹介している。

クロービス・アコスタ・フェルナンデスさん(左、2014年)【写真:Getty Images】
クロービス・アコスタ・フェルナンデスさん(左、2014年)【写真:Getty Images】

7大会連続観戦の「コパのカウボーイ」フェルナンデスさんが前回大会翌年に死去

 連日、熱戦が繰り広げられているサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。ピッチを彩る選手だけでなく、客席から声援を送るサポーターもしばしば脚光を浴びる。海外メディアは、ブラジルのW杯名物サポーターが前回大会後に亡くなっていたことを紹介。その遺志を継ぎ、愛息が現地ロシアで観戦していることを紹介している。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 熱心なサッカーファンなら観たことがあるかもしれない。ブラジルのユニホームをまとい、カウボーイハットに蓄えた口ひげ。どうやって作ったのか、W杯トロフィーを掲げ、毎大会声援を送る中年男性。王国が誇る、一人の熱狂的サポーターの物語を紹介したのは、欧州衛星放送「ユーロスポーツ」イタリア版だった。

「『コパのカウボーイ』として知られるクロービス・アコスタ・フェルナンデスは25年間、ブラジル代表のサポーターとしてW杯を全て観戦していた。そのフェルナンデス氏は2015年にガンで亡くなった。9年間の闘病生活だった」

 こうつづった記事では、四半世紀のサポーター歴を誇るフェルナンデスさんが自国開催だった14年ブラジル大会翌年に亡くなったことを紹介。1次リーグ初戦のスイス戦を1-1で引き分けたブラジルだったが、今大会は客席から盛り上げ、声を枯らしていた熱狂的サポーターを失っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー