[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ60号、快挙を目の当たりにした“59発同僚”は驚き「打った後も平然と…」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦の9回に今季60号ソロを放った。この試合でサヨナラ逆転満塁弾を放った同僚のジャンカルロ・スタントン外野手もジャッジの大台到達に言及。「信じられない。打った後も平然としていた」と驚いた様子で語った。

パイレーツ戦で60号を放つヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
パイレーツ戦で60号を放つヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

劇的逆転サヨナラ満塁弾のスタントンがジャッジについて言及

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦の9回に今季60号ソロを放った。この試合でサヨナラ逆転満塁弾を放った同僚のジャンカルロ・スタントン外野手もジャッジの大台到達に言及。「信じられない。打った後も平然としていた」と驚いた様子で語った。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 夢の領域に到達した。4-8で迎えた9回先頭、ジャッジが第5打席を迎えた。3-1からの5球目、右腕クロウの93.9マイル(約151.1キロ)のシンカーを完璧にとらえた。左翼席に突き刺さる一発。史上6人目となるシーズン60号に到達し、ヤンキースタジアムは割れんばかりの歓声に包まれた。

 その後も打線が繋がり無死満塁とすると、5番スタントンが左翼席に弾丸ライナーを放ち、サヨナラ逆転満塁弾。最終回に4点差を逆転する劇的な結末となった。試合後の会見の様子を米ニューヨーク地元局「スポーツネット・ニューヨーク」のヤンキース公式ツイッターが公開。スタントンは「信じられないよ。見ていて驚いた」と語り、こう続けた。

「彼は60号を打ったが、平然としていた。もっとやるべきことがあると、そういうマインドセットなんだ。これからもそうだろう。大記録が生まれた試合の一部になれたことは嬉しい」

 マーリンズ時代の2017年にシーズン59本塁打を記録した大砲スタントン。この試合もう1人の主役は、同僚の快挙とその後の姿勢に感服していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集