[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

60号到達ジャッジ、ルースら偉大な先人に敬意表れた“6秒の沈黙”「本当に誇らしい」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦の9回に今季60号ソロを放った。60本塁打の大台到達は史上6人目。ベーブ・ルースのシーズン記録に並び、ア・リーグの本塁打記録を持つロジャー・マリスの61本まであと1本と迫った。試合後には質問に“6秒間の沈黙”を見せるなど感慨深げ。偉大な先人たちに敬意を示し「誇らしい気持ち」と口にした。

パイレーツ戦で60号を放ち、チームメイトに祝福されるヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
パイレーツ戦で60号を放ち、チームメイトに祝福されるヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

本拠地パイレーツ戦の9回に反撃ののろしとなるソロ弾

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦の9回に今季60号ソロを放った。60本塁打の大台到達は史上6人目。ベーブ・ルースのシーズン記録に並び、ア・リーグの本塁打記録を持つロジャー・マリスの61本まであと1本と迫った。試合後には質問に“6秒間の沈黙”を見せるなど感慨深げ。偉大な先人たちに敬意を示し「誇らしい気持ち」と口にした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 柔らかなスイングから豪快に決めた。4-8とリードを許して迎えた9回の第5打席。3-1からパイレーツ右腕クロウの5球目、真ん中付近に甘く入った93.9マイル(約151.1キロ)のシンカーを完璧にとらえた。打球はヤンキースタジアムの左翼席に着弾。ファンの熱狂に包まれる中、背番号99は悠然とダイヤモンドを回った。

 試合後、記者会見に臨んだジャッジは「60号はあなたにとってどういう意味を持ちますか」との問いに、何とも言えないような表情を浮かべながら沈黙して言葉を探した。その間、6秒。そして「この数字について話すことは難しい。ルースやマリス、ヤンキースの偉大な選手たちが残してきた数字だ。子どもの頃には想像できなかった。本当に誇らしい気持ち。決して軽んじることはできない」と語った。

 米ニューヨーク地元局「スポーツネット・ニューヨーク」のヤンキース公式ツイッターは動画を公開。記録への期待がかかる中でのプレーでプレッシャーがかかってもおかしくない状況だが「注目を集める中でプレーすることを楽しんでいますか」というという問いには「満員のヤンキースタジアムの中で、首位のチームの一員として野球ができる機会は夢のようだ」と答えた。

 この日の試合は自身の本塁打をきっかけに、4点差をひっくり返すサヨナラ勝ち。充実した中でのプレーとなっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集