[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ブラジルDF、微妙な判定に後悔「倒れるべきだった」 指揮官は「装うことはいけない」

ブラジルDF、微妙な判定に後悔「倒れるべきだった」 指揮官は「装うことはいけない」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は17日、1次リーグE組で優勝候補ブラジルがスイスに1-1で引き分け。勝ち点3を逃した。エースFWネイマールが徹底マークに遭い、無得点。史上2位の被ファウル「10」を記録し、ソックスにぽっかりと穴が空いた画像が脚光を浴びているが、痛恨の失点シーンは微妙な判定から生まれた。CKでゴールを決めた選手に押されたが、ファウルは取られず。「倒れるべきだった」と後悔した選手に対し、指揮官はフェアプレーを諭したという。海外メディアが伝えている。

スイス戦に出場したブラジル代表DFミランダ【写真:Getty Images】
スイス戦に出場したブラジル代表DFミランダ【写真:Getty Images】

失点シーンは相手に押されるもファウル取られず「彼が押した時、倒れるべきだった」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は17日、1次リーグE組で優勝候補ブラジルがスイスに1-1で引き分け。勝ち点3を逃した。エースFWネイマールが徹底マークに遭い、無得点。史上2位の被ファウル「10」を記録し、ソックスにぽっかりと穴が空いた画像が脚光を浴びているが、痛恨の失点シーンは微妙な判定から生まれた。CKでゴールを決めた選手に押されたが、ファウルは取られず。「倒れるべきだった」と後悔した選手に対し、指揮官はフェアプレーを諭したという。海外メディアが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 微妙な判定だった。1-0で迎えた後半5分だ。

 右CKからMFシュテフェン・ツバーにヘディングシュートを決められ、同点弾を献上した。このシーン、ゴールを決めたツバーはブラジルのDFミランダを後ろから両手で押し、優位な体勢を取っているように見えた。しかし、ファウルが取られることなく、得点が認められ、痛恨の失点となった。

 結局、このまま決め手を欠き、引き分けで終了。勝ち点3を逃した。後悔の念に駆られたのは、DFミランダだった。米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」の記事によると、チッチ監督が本人とのやりとりを明かしている。

「ミランダが私にこう言った。『彼が押した時、倒れるべきだった』と」。あの1点がなければ――という思いだったのだろう。ミランダは“マリーシア”と見られても、明確にファウルを主張すべきと悔やんだという。しかし、チッチ監督はそれを良しとはしなかったようだ。こう続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー