[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

京口紘人、寺地戦報酬は過去最高額と告白 対戦決断の理由も「一番はファイトマネー」

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)らが14日、都内のホテルで会見し、11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行うと正式発表した。アマチュア時代に4度対戦し、プロでも公開スパーリングなどで2度拳を交えた2人。京口は相手の印象やファイトマネーについて語った。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)。

会見に出席したWBA世界同級スーパー王者・京口紘人【写真:浜田洋平】
会見に出席したWBA世界同級スーパー王者・京口紘人【写真:浜田洋平】

「11.1」さいたまSAでライトフライ級ダブル世界戦

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)らが14日、都内のホテルで会見し、11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行うと正式発表した。アマチュア時代に4度対戦し、プロでも公開スパーリングなどで2度拳を交えた2人。京口は相手の印象やファイトマネーについて語った。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 京口は静かに展開を口にした。アマ時代は寺地に1勝3敗。2018年12月には、後楽園ホールにて3分×2回の公開スパーで対峙した。初回はパワースタイルで押し込んだ一方、2回は左ジャブを連発され、相手の距離で戦っていた。この日は「本番のリングは本番のリング」と当時の印象はあまり関係ないとした上で、「遠い距離で強い選手。極力、自分の距離で戦いたい」と続けた。

 8度防衛していた寺地は、昨年9月に一度王座陥落した。抜群の距離感とジャブで主導権を握り、“打たせずに打つ”スタイルから接近戦にモデルチェンジ。今年3月に王座奪還を果たし、遠近どちらの距離でも戦えることを証明した。京口は寺地の変化について語る。

「アマ時代はファイタースタイルだった。こちらからすれば懐かしいとか、しっくり来る感じ。プロになってシフトした印象なので、アマ時代の関係者は同じように思っていると思う。あれで本来の姿になったのかなと」

 自身は直近2試合を米国、メキシコのアウェーで防衛し、経験を積んだ。今月は米ハワイで合宿。「海外でこれぞボクシングというものを感じた。凄い雰囲気がいい。海外で試合をした日本人は口をそろえて言う。世界のトップスターが勝つと、『自分も』と思える。客の熱、雰囲気も違う」と海外志向を深めた。

 一方、国内開催の試合では自身最大の会場となるビッグマッチだ。「日本のボクシングファンは会場で見たいと思うので、そこでできるのが嬉しい」と語る一方、オファーを受けた理由について「一番大きなのはファイトマネー。やはり統一戦に見合った金額。それは選手として求めるべきもの」と強調。「今まででもちろん一番大きな金額なのでありがたい」と感謝した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集