[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

挑発と受け取られた試合中のポーズを猛省 ボクサー平岡アンディ、豪快TKOで21連勝

ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)・スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチが13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・平岡アンディ(大橋)が挑戦者アルビン・ラガンベイ(フィリピン)に2回2分27秒TKO勝ちした。日本同級王座も保持しながらWBO・AP王座3度目の防衛に成功。前回の試合中に“踊り”を披露したことを猛省し、冷静に戦いながら強さを見せた。戦績は26歳の平岡が21勝(16KO)、27歳のラガンベイが13勝(11KO)6敗1分け。観衆は968人。

初回から積極的に攻めた平岡アンディ【写真:浜田洋平】
初回から積極的に攻めた平岡アンディ【写真:浜田洋平】

WBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチ

 ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)・スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチが13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・平岡アンディ(大橋)が挑戦者アルビン・ラガンベイ(フィリピン)に2回2分27秒TKO勝ちした。日本同級王座も保持しながらWBO・AP王座3度目の防衛に成功。前回の試合中に“踊り”を披露したことを猛省し、冷静に戦いながら強さを見せた。戦績は26歳の平岡が21勝(16KO)、27歳のラガンベイが13勝(11KO)6敗1分け。観衆は968人。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 平岡は勝利の喜びよりも先に感謝を口にした。2回TKO直後のリングインタビュー。「まずは試合を実現させてくれた大橋(秀行)会長、フィリピンから日本まではるばる来てくれたラガンベイ選手、陣営の方々、そして多くのファンの皆様、今日は本当にありがとうございました」。リングから頭を下げると、大きな拍手が注がれた。

 強打のサウスポー同士の対決。平岡は初回からジャブで積極的に攻め、左も当てた。2回は相打ちを狙う挑戦者を警戒しながら、強打をお見舞い。ロープ際でラッシュを浴びせ、最後は左をぶち込んだ。相手がグロッキーになったところでレフェリーストップ。最初は派手に喜ぶのを控えるかのように呼吸を整えたが、日々の練習が実を結び、数秒後に絶叫した。

「前回、ちょっとタコ踊りをしてしまったので……(笑)。自分は本当にふざけたつもりはなかったけど、初めて見た人にそういう印象を与えてしまった。今回は緊張感を持てるような試合をしたいなと思っていたのでよかったです。本当に会長にいろんなスパーリングパートナーを呼んでいただいたおかげです」

 6月7日の前戦を猛省した。同門の井上尚弥とノニト・ドネア(フィリピン)の世界バンタム級3団体王座統一戦の前座。1万7000人の大観衆に楽しんでもらうつもりで、一方的な展開の中で踊ってみせた。しかし、相手への挑発ポーズだと誤解を招く結果に。6回TKO勝ちで日本王座2度目の防衛に成功したが、大目玉をくらった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集