[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

挑発と受け取られた試合中のポーズを猛省 ボクサー平岡アンディ、豪快TKOで21連勝

勝利の直後、父・ジャスティストレーナー(手前)に労われた平岡【写真:浜田洋平】
勝利の直後、父・ジャスティストレーナー(手前)に労われた平岡【写真:浜田洋平】

トレーナーの父「お客さんがよければ一番なんだから」

 ガーナ系米国人の父、ジャスティス・コジョ・トレーナーが独特な表現を交えて明かす。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「怒りました。(前回は)押せと言ったけど、本人はたくさんの人が見ているので長いラウンドをしたいと思っていた。でも、ファンはそうじゃなくて、『遊んでいる』という意見。自分の好きな音楽もいいけど、ファンの方が好きな音楽をやらないといけない。自分のボクシングをやれなかったとしても、お客さんがよければそれが一番なんだから」

 平岡も「決して相手を馬鹿にするという意味でやったわけじゃないんです」と説明。この日は真剣勝負で実力差を見せつけ、観衆を喜ばせた。普段は厳しい父も「結構よかった。勝ったからではなく、練習でやったことができたから点数は高い」と及第点。大橋会長も「今日は一番よかった。相手は相打ちの一発があるので、久々にボクシングの醍醐味、迫力のある試合」と評価した。

 米興行大手・トップランク社とプロモート契約した2019年秋と20年秋に米ラスベガスで連続KO勝ち。近い将来の世界挑戦を目指す中、現在の世界ランクはIBF9位、WBO13位としている。陣営は年内に日本でもう1試合挟み、来年の海外リングを見据える。今年は4試合になる見通しだ。

 世界では猛者の多い階級。平岡はさらなる強さを求めていく。

「(年間4試合目の)チャンスをいただけるのはありがたい。持っている全てのパンチを磨きたいです。2ラウンドで終わったので、早めにランニングから始めていこうと思います。またラスベガスで試合をしたい。そこまでに自分の底上げをしたいです」

 取材エリアから去る際、報道陣にまでエレベーターを譲り「遅くまでありがとうございました」とお辞儀していた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)




1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集