[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウト7戦連発の35号同点2ラン! MLB記録まであと1、米記者驚愕「信じられない」

米大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手が12日(日本時間13日)の敵地ガーディアンズ戦で7試合連続となる35号2ランを放った。メジャー記録まであと1に迫り、右打者では最長タイ記録。米記者からも「信じられない」「またやった」と驚きの声が上った。

35号を放ったエンゼルスのトラウト。一塁を回ったところで上へ指をさした【写真:ロイター】
35号を放ったエンゼルスのトラウト。一塁を回ったところで上へ指をさした【写真:ロイター】

ガーディアンズ戦で7戦連発の一撃

 米大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手が12日(日本時間13日)の敵地ガーディアンズ戦で7試合連続となる35号2ランを放った。メジャー記録まであと1に迫り、右打者では最長タイ記録。米記者からも「信じられない」「またやった」と驚きの声が上った。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 豪快にバックスクリーンへ運んだ。2-4と2点を追う5回2死三塁、トラウトは今季MLBデビューした新人左腕ヒルキントンの速球を強振。打球は中越えの同点2ランとなった。ホームイン後は大谷翔平投手らとタッチを交わした。

 メジャー記録の8試合連続本塁打まであと「1」に迫り、34本塁打の大谷を抜いてリーグ単独2位になったトラウト。ツイッター上の米記者も即座に反応した。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「マイク・トラウトがまたやった。7試合連続の本塁打となる2ラン。彼の持つ球団記録を伸ばした。歴代1位まであと1試合」と速報した。

 また米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は「マイク・トラウトが7試合連続本塁打。MLB記録は8試合。ジョーイ・ボットーが昨年7試合を記録している。エンゼルスは5回に4-4の同点に追いついた」と紹介。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「マイク・トラウトの7試合連続弾。信じられない」と驚いていた。

 なお8試合連続本塁打はデール・ロング、ドン・マッティングリー、ケン・グリフィーJr.が記録。3人はいずれも左打者で、右打者では2006年にケビン・メンチが記録した7戦連発が最長だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集