[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳菅沼菜々が首位発進 全米アマV馬場咲希との知られざる秘話「ビックリしました」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕した。ツアー未勝利の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)は8バーディー、1ボギーの65で7アンダーとし、単独首位に立った。今季は最終ラウンド(R)の平均スコアが1位。「最終日の菅沼」を印象付けているが、男女ツアー歴代最多39勝(非公認)を挙げた清水重憲キャディーから「気持ちは最終日」と発破をかけられ、スタートダッシュに成功した。全米女子アマチュア選手権優勝の17歳・馬場咲希がゴルフを始めたきっかけにもなった22歳。このままメジャー大会の難設定を攻略し、ツアー初優勝を目指す。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、単独首位発進を決めた菅沼菜々【写真:Getty Images】
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、単独首位発進を決めた菅沼菜々【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が開幕

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕した。ツアー未勝利の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)は8バーディー、1ボギーの65で7アンダーとし、単独首位に立った。今季は最終ラウンド(R)の平均スコアが1位。「最終日の菅沼」を印象付けているが、男女ツアー歴代最多39勝(非公認)を挙げた清水重憲キャディーから「気持ちは最終日」と発破をかけられ、スタートダッシュに成功した。全米女子アマチュア選手権優勝の17歳・馬場咲希がゴルフを始めたきっかけにもなった22歳。このままメジャー大会の難設定を攻略し、ツアー初優勝を目指す。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 菅沼が守りに入らず、好発進した。清水キャディーから「気持ちは最終日で」と言われ、スイッチオン。この日の第1打でフェアウェーをとらえ、第2打はピンを果敢に狙った。最終18番パー4は2メートルのパーパットを外して悔しがったが、すぐに笑顔に戻った。

「笑顔は意識しています。去年はイライラしていましたけど、笑顔でいたら、いいショットやバーディーが来ることを発見しました。ただ、今日はうまくいき過ぎた感じです(笑)」

 今季、菅沼の最終R平均ストロークは69.2328で全選手中1位。前週のゴルフ5レディスでも66をマークし、16位から3位に浮上した。一方で、前週までの第1R平均ストロークは70.3286で5位。決して悪くはなく「予選落ちはしたくないので無理はしない感じです」と説明したが、この日はそのマインドを変えていた。

 菅沼は、公共交通機関や閉ざされた空間で不安を感じる「広場恐怖症」であることを公表している。移動手段は父親が運転する車。6日に都内の自宅から、約500キロを約6時間半かけて京都入りしており、「(練習Rは)火曜日にハーフと水曜日のハーフで18ホール。なので、あまりコースが分かっていませんでした」と苦笑いした。

 今年4月のヤマハレディース葛城では、出場していた馬場と初対面。馬場の父・哲也さんが、小学生時代の菅沼が父親の指導でボールを打つ姿を練習場で見たことをきっかけに、馬場にゴルフを勧めたことを初めて知らされた。

「ビックリしましたけど、うれしかったです。最近の活躍もです。まだ、あまりちゃんと話したことがないので、今度会ったら話してみたいです」

 初優勝への思いを問われると、柔らかい表情で言った。「いい感じなので、焦らずに頑張ります。一打一打を大切に」。言葉通り、気負わず、笑顔のまま戦い抜く決意だ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集