[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで珍事 晴天だけどライト点灯を監督が熱望、身振り手振りに米ファン「明るいのに」

米大リーグで珍事が発生した。1日(日本時間2日)のメッツ―ドジャース戦。晴天の中で行われた一戦だったが、試合中にドジャースのデーブ・ロバーツ監督が照明の点灯を要求。それに伴い、6分間試合が中断された。米地元局が実際の動画を公開すると、「デーゲームで照明?」「明るいじゃん」などと米ファンの反響が集まっていた。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督【写真:Getty Images】
ドジャースのデーブ・ロバーツ監督【写真:Getty Images】

米記者「ロバーツ監督は影に不満」

 米大リーグで珍事が発生した。1日(日本時間2日)のメッツ―ドジャース戦。晴天の中で行われた一戦だったが、試合中にドジャースのデーブ・ロバーツ監督が照明の点灯を要求。それに伴い、6分間試合が中断された。米地元局が実際の動画を公開すると、「デーゲームで照明?」「明るいじゃん」などと米ファンの反響が集まっていた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 メッツ本拠地での試合。3回、ドジャースの攻撃が2死になったところで、ロバーツ監督がベンチから球審に向かって大声を発した。その後ベンチを飛び出して、球審に身振り手振りで直接抗議。米地元紙「amニューヨーク」のジョー・パントルノ記者はツイッターで「デーブ・ロバーツ監督は球場の影に不満を言って、照明の点灯を求めたのだろう。9月1日の午後5時6分である」と投稿し、詳細を伝えた。

 この試合は午後4時11分開始。米国ではサマータイムが導入されており、この日のニューヨークの日没時間は19時26分。デーブ監督の抗議の時点では青空が見えていた。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のジャック・ハリス記者はツイッターで「ロバーツ監督は3回が始まるときに照明の点灯を要求した。2死になってもつかなかった。『公平にやろうということ』『お願いが認められていない状態だったんだ』とロバーツ監督は話した」と伝えた。

 米ニューヨーク州地元中継局「スポーツネット・ニューヨーク」公式ツイッターは実際の映像を公開。米ファンからは「デーブ、5時だよ」「デーゲームで照明?」「日が出ていて明るいじゃん」などとコメントが集まった。抗議により6分間中断となり、照明が点灯された後に再開。試合はメッツが5-3で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集