[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、クソボールを柵越えにした“証拠画像”に米識者愕然「フェアはありえない」【8月の二刀流】

米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)の試合はなし。大谷翔平投手は8月、打っては打率.317に8本塁打、投げても2勝で防御率2.20と活躍した。最終日のヤンキース戦では劇的な決勝3ランを放つなど躍動した1か月。名珍場面を「8月の二刀流」として振り返る。今回は「投打躍動編」。衝撃を与えた156キロの新球、完全なボール球を打ち砕いた豪快弾も話題になった。

4日(日本時間5日)のアスレチックス戦で23、24号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
4日(日本時間5日)のアスレチックス戦で23、24号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

 米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)の試合はなし。大谷翔平投手は8月、打っては打率.317に8本塁打、投げても2勝で防御率2.20と活躍した。最終日のヤンキース戦では劇的な決勝3ランを放つなど躍動した1か月。名珍場面を「8月の二刀流」として振り返る。今回は「投打躍動編」。衝撃を与えた156キロの新球、完全なボール球を打ち砕いた豪快弾も話題になった。

○4日(同5日) クソボール打ち24号“証拠画像”に米驚き「あり得ない」

 本拠地アスレチックス戦で2発を放った大谷。驚かれたのは24号だ。見逃せば完全にボールとなる内角の悪球を強引にすくい上げ、高々と上がった打球は右翼スタンドへ。投球チャートでも明かなボール球。外角に構えていた捕手も手が届きそうにないほど、ストライクゾーンから離れていた。

 ネット上の日本人ファンから「インコースのくそボール」とのコメントも上がった悪球打ち。米ピッチングトレーナーで元レッズのディレクターのカイル・ボビー氏は、ツイッターで“証拠画像”を紹介。「自分がプレーする草野球で同じ球を打ったら、ダグアウトを越える307フィートのファウルになるだろう。(大谷の)飛距離は凄い。もちろん。でも、これをフェアにするのは? ありえないね」とも投稿していた。

○27日(同28日) 156kmで曲がる新球に「何だこの動きは」の声

 敵地ブルージェイズ戦、7回2安打無失点で今季11勝目をマーク。相手の4番ボ・ビシェットに投じた一球が衝撃を与えた。真ん中付近から内角に食い込むように落ちながらズドン。、豪快な空振りを奪った。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに映像を後悔。米ファンから「何だこの動き」「不公平すぎる」と驚愕した様子の声が上っていた。

○17日(同18日) 元球宴選手もビビった、シフト無関係の豪快27号

 5打数4安打と大暴れだった本拠地マリナーズ戦、9回の豪快27号2ランに、元球宴選手も絶句した。低めスライダーをセンター方向へ豪快にかっ飛ばし、悠々とホームイン。LBの公式YouTubeで生中継された一戦で解説を務めていた元球宴選手、ヨンダー・アロンソ氏は「マイ・オー・マイ(なんてことだ)」と仰天。マリナーズの内野守備は一、二塁間を固める極端な大谷シフトだったが、実況は「シフト敷いとけ(という感じですね)」と対策を打ち破るパワーに最敬礼を送っていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集