[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が打席でビックリ 161kmシンカー体感の表情に米反響「この反応、MLB最高だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回に逆転3ランを放った。8回には相手の守護神と対戦。100マイル(約161キロ)のシンカーを体感した大谷の表情の動画が公開されると、米ファンからは「自分も投げてみようって思ったのかな」「俺も同じ表情だ」などの反響が寄せられている。

ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

8回、ヤ軍守護神ホームズの変化球を体感

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回に逆転3ランを放った。8回には相手の守護神と対戦。100マイル(約161キロ)のシンカーを体感した大谷の表情の動画が公開されると、米ファンからは「自分も投げてみようって思ったのかな」「俺も同じ表情だ」などの反響が寄せられている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 6回にエース右腕のゲリット・コールから豪快3ランを放った大谷。続く8回の第4打席では、クレイ・ホームズと対戦。ここまで17セーブを記録している守護神だ。0-1からの2球目、ホームズはシンカーを投じた。外に大きく外れた1球だったが、球速は100マイル。大谷は打席を外して外野方向に目を向けた後、眉をひそめて口を曲げ、仰天したような表情を見せた。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏はこの光景の動画をツイッターに公開。文面には「スコアボードを確認し、100マイルだったことが分かったオオタニの顔」などと記して、大谷が電光掲示板の球速を確認したと推測した。

 米ファンからも「面白い」「クールだね」「凄いヤツ同士だからこそ分かる」「自分も投げてみようって思ったのかな」「ショウヘイの反応はMLB最高だ」「ショウヘイ、俺も同じ表情だ」「オオタニは可愛い」などと反響が寄せられた。大谷はこの打席、シンカーに苦しみ空振り三振。しかし、逆転3ランが決勝弾となり、エンゼルスは3-2で勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集