[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ショウヘイ、ごめんね」 大谷翔平の盗塁を阻止したヤ軍日系4世捕手に米ファン反応

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。4打数2安打で3試合連続のマルチ安打を記録したが、チームは4-7で敗れた。6回には二盗を試みるもカイル・ヒガシオカ捕手の好送球に阻まれた。ヤンキースが強肩に脚光を浴びせると、米ファンからは「レーザービームだ」「ショウヘイ、ごめんね」と反応が寄せられている。

ヤンキース戦の6回、二盗に失敗したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ヤンキース戦の6回、二盗に失敗したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の盗塁をヒガシオカが阻止

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。4打数2安打で3試合連続のマルチ安打を記録したが、チームは4-7で敗れた。6回には二盗を試みるもカイル・ヒガシオカ捕手の好送球に阻まれた。ヤンキースが強肩に脚光を浴びせると、米ファンからは「レーザービームだ」「ショウヘイ、ごめんね」と反応が寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 捕手の肩が唸った。3-7でエンゼルスが追いかける展開だった6回2死走者なしのシーン。大谷はルー・トリビーノの初球を右前に弾き返してこの日初安打。続くルイス・レンヒーフォ内野手が追い込まれてからの4球目、大谷が二盗を狙った。ヒガシオカは捕球とともに立ち上がると二塁へ送球。カバーに入ったジョシュ・ドナルドソン三塁手がタッチし3アウトとなった。

 実際の動画をヤンキース公式ツイッターが公開。文面に「ヒギー(ヒガシオカの愛称)の強肩」と記した投稿には、米ファンから「レーザービームだ」「これを維持してくれ」「なんてスローだ」「ジャンプも素晴らしかった」「ショウヘイ、ごめんね」「ヒギー相手に走っちゃダメだよ」とコメントが寄せられていた。

 日系4世のヒガシオカは2017年のメジャーデビュー以来ヤンキース一筋の32歳。打席では4打数無安打だったものの、好守でチームの勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集