[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「気持ちが分かった気がする」 レイズ捕手が語る出来事「打って抑えて…」

23日(日本時間24日)に行われた米大リーグの試合で、レイズ捕手がマウンドに上がって95.1マイル(約153キロ)の剛速球を披露。大谷翔平投手が所属するエンゼルスを相手に1回無失点に抑えたが、降板後には「オオタニの気持ちが分かったような気がする」と語っている。

野手登板したクリスチャン・ベタンコートが「オオタニの気持ちが分かった気がする」と振り返った【写真:ロイター】
野手登板したクリスチャン・ベタンコートが「オオタニの気持ちが分かった気がする」と振り返った【写真:ロイター】

レイズのベタンコート、野手登板で衝撃の153キロ

 23日(日本時間24日)に行われた米大リーグの試合で、レイズ捕手がマウンドに上がって95.1マイル(約153キロ)の剛速球を披露。大谷翔平投手が所属するエンゼルスを相手に1回無失点に抑えたが、降板後には「オオタニの気持ちが分かったような気がする」と語っている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大差がつき、両軍野手が登板する展開で、驚きの速球を披露したのはレイズのクリスチャン・ベタンコート捕手だった。9回無死一塁で対戦したルイス・レンヒーフォ内野手に対しては94.4マイル(約152キロ)のシンカーで奪三振。2アウトで迎えたマックス・スタッシ捕手には、最後は95.1マイルの直球を投じ中飛に打ち取り、1回2安打無失点で11-1の大勝を締めた。

 試合後、ベタンコートは登板について振り返っている。米フロリダ州の地元放送局「バリースポーツ・サン」のレイズ専門ツイッターが、取材に応える動画を公開。「本塁打も打って、投手として抑えて、いい試合を作れた」と、野手としても8号ソロを放った30歳は「オオタニがどんな気持ちなのか分かったような気がするよ」と笑顔を見せていた。

 ベタンコートは2013年にブレーブスでメジャーデビュー。パドレス時代の2017年には本格的に投手としても試合に出場。同年には3Aのエルパソ・チワワズで34試合に登板していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集