[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子とジャカルタで生まれた交流 米選手の2ショット写真、手に持っていた物とは

20日までインドネシア・ジャカルタで行われていた女子ゴルフのシモーネ・アジアパシフィック・カップ。アジア太平洋地域の国別対抗戦として創設された大会では、各所で国際色豊かな光景が見られた。米国代表のエイミー・コガは日本から出場した渋野日向子(サントリー)との扇風機交流の様子を紹介。ゴルフファンからは温かい声が寄せられている。

シモーネ・アジアパシフィック・カップに参戦していた渋野日向子【写真:Getty Images】
シモーネ・アジアパシフィック・カップに参戦していた渋野日向子【写真:Getty Images】

20日までインドネシアで行われたシモーネ・アジアパシフィック・カップ

【特集】東京から未来へ繋ぐレガシー 視覚障がい者柔道選手が伝えたいこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 20日までインドネシア・ジャカルタで行われていた女子ゴルフのシモーネ・アジアパシフィック・カップ。アジア太平洋地域の国別対抗戦として創設された大会では、各所で国際色豊かな光景が見られた。米国代表のエイミー・コガは日本から出場した渋野日向子(サントリー)との扇風機交流の様子を紹介。ゴルフファンからは温かい声が寄せられている。

 コバルトブルーのウエアに白のスカート姿のエイミー。ハンディ扇風機で風を送られているピンクのウエアの渋野は満面の笑みを浮かべている。猛暑の中で行われた大会で和やかなムードを醸し出す光景だ。

 エイミーが大会の思い出の1枚として、自身のインスタグラムで写真を公開。「先週から右手のかんかくがなくなってしまって90もきれないぐらいのゴルフになっててこの試合に行くことがめちゃくちゃふわんでこわかったけどこの試合に出てめちゃくちゃ良かったとおもう!」と大会前は不安な気持ちがあったことを日本語で告白した。

 それでも「毎日ちょっとずつかんかくが戻ってきてて最終日もショートゲームのおかげで何とかイーブンで回って、ちょびーっと光が見えたかんじ! 本当にまだまだだけどちょっとずつがんばります! あたたかく見守ってください ほんとうにゴルフはいろいろあってこわいなーでも楽しいなー」(すべて原文ママ)と前向きなメッセージを残している。

 これにはファンからも「がんばれ」「エイミーちゃんの手が早く良くなりますように」「エイミーはよく頑張ってますから、心から応援してます」といった激励メッセージが寄せられている。

 長崎・佐世保市生まれでハワイ育ちという出自を持つ26歳のエイミー。同大会は米国代表の一員として出場したが、2018年の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のプロテストに合格し、日本女子ツアーに参戦している。今季は13試合に出場し、最高順位は34位。予選落ちが8回と苦戦を強いられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集