[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで凄すぎる三ゴロが米話題 素手キャッチ→超豪快スローに「ゲームでもあり得ん」

米大リーグで驚愕の三ゴロが生まれた。叩きつけた打球をマウンド後方で素手キャッチした三塁手が、一塁へ剛速球を披露。ワンバウンドを一塁手が拾い上げ、間一髪でアウトにした。球団公式ツイッターが紹介した動画には「史上最高のプレーだ」「ゲームでもあり得ない」との声が上がった。

カージナルスのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】
カージナルスのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】

アレナド&ゴールドシュミットが驚愕の美技

 米大リーグで驚愕の三ゴロが生まれた。叩きつけた打球をマウンド後方で素手キャッチした三塁手が、一塁へ剛速球を披露。ワンバウンドを一塁手が拾い上げ、間一髪でアウトにした。球団公式ツイッターが紹介した動画には「史上最高のプレーだ」「ゲームでもあり得ない」との声が上がった。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 投げた方も捕った方も凄い。驚きのプレーは20日(日本時間21日)のカージナルス―ダイヤモンドバックス戦で生まれた。カージナルスが7-4とリードした6回1死の守備、ダイヤモンドバックスの8番トーマスが叩きつけた打球は、高々とバウンドしてマウンド後方へ。これを処理したのは、右寄りのシフトで三遊間に位置していた9年連続ゴールドグラブ賞の名手、三塁手アレナドだ。

 グラブで捕球すると間に合わないと判断すると、落ちてきた球を素手の右手で器用にキャッチ。そのまま腕をぶん回し、一塁へ剛速球を投げた。かなり近い距離にも関わらず、ゴールドグラブ賞4度の一塁手ゴールドシュミットはワンバウンドを巧みに捕球。間一髪で打者走者をアウトにしてみせた。

 合わせてゴールドグラブ賞13度獲得している2人だから、なし得たプレー。実況席も「これはアメージングだ!」と連呼した。実際の様子をカージナルス球団公式ツイッターが紹介。ファンからは「他の誰もできないプレー」「この目で見たことが信じられない」「アメージング」「MLB最高のサード」「とんでもなくすごい」「球界最高のコンビ」「ゲームでもこれ以上のプレーはないね」「アンリアル」「史上最高のプレーだね」との声が寄せられた。

 カージナルスはこの回無失点に抑え、試合は16-7で勝利。翌21日の同カードも6-4で勝ち、連勝を7に伸ばし、地区首位をがっちりキープしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集