[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスから移籍の中堅手、フェンス激突で悶絶「自分の体を犠牲にしなければ」

米大リーグ・フィリーズは16日(日本時間17日)、敵地レッズ戦に11-4で勝利した。エンゼルスから移籍したブランドン・マーシュ外野手は、3回にホームランキャッチを試みるも着地に失敗。左膝を負傷し途中交代した。米メディアは「見た目よりも深刻ではないかもしれない」と報じている。

左膝を負傷し自力で歩いてベンチへ向かうフィリーズのブランドン・マーシュ(左から2人目)【写真:Getty Images】
左膝を負傷し自力で歩いてベンチへ向かうフィリーズのブランドン・マーシュ(左から2人目)【写真:Getty Images】

マーシュがホームランキャッチ試みるも着地に失敗

 米大リーグ・フィリーズは16日(日本時間17日)、敵地レッズ戦に11-4で勝利した。エンゼルスから移籍したブランドン・マーシュ外野手は、3回にホームランキャッチを試みるも着地に失敗。左膝を負傷し途中交代した。米メディアは「見た目よりも深刻ではないかもしれない」と報じている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 味方の肝を冷やした。2-2の3回2死走者なし。右打席のインディア内野手がフィリーズ先発ギブソン投手の初球を捉えた。センターへ伸びた打球を中堅手のマーシュが追う。ジャンプし、フェンスに激突しながら腕を伸ばすも捕球ならず。本塁打を許したが、その着地に失敗した。不自然に倒れると悶絶してその場から起き上がれず、駆けつけた味方が心配そうに見つめていた。マーシュはそのあと起き上がり、自力で歩いてベンチへ下がった。

 実際の動画を米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが公開。文面では「トレーナーが駆けつけ、マーシュは歩いてフィールドを後にした」と説明した。フィリーズの本拠地米ペンシルベニア州の地元局「NBCスポーツ・フィラデルフィア」は「ひゃー! ブランドン・マーシュの膝の負傷は見た目ほど深刻ではないかもしれない」との見出しで記事を掲載した。

 記事ではマーシュが着地の際に左膝を負傷したと説明。ロブ・トーマス監督の「ドクターは骨挫傷ではないかと思ったと言っていた」とのコメントを紹介し、MRIによる精密検査は17日(同18日)に行う予定だとも伝えた。試合後マーシュは負傷したプレーについて「際どいプレーで、自分の体を犠牲にしなければいけないようなものだった。最初は恐ろしかったけど、少しして落ち着いたら、大丈夫だったよ」と振り返っていた。

 24歳のマーシュは2016年にドラフト2巡目でエンゼルス入り。昨年メジャーデビューを果たすと、今年8月にトレードでフィリーズへ移籍していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集