[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ界の新星・馬場咲希 指導者が明かす17歳の素顔「宮里藍さんと真逆のタイプ」

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権で日本人として37年ぶりの優勝を飾った馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、1年半前から始めた本格トレーニングでレベルアップしていた。かつて宮里藍を担当した鎌田貴トレーナーの指導で、主に体幹を強化。さらに臀部、太もも裏を太くしたことで腰の回転がより速くなったという。もっとも、鎌田氏は「フィジカルの完成度はまだ3割程度」とし、現在270ヤード平均のドライバーショットはさらに伸びると明言。その恵まれた素材から、馬場のことを「神様から選ばれた人」と表現した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

優勝トロフィーとポーズをとる馬場咲希【写真:父・哲也さん提供】
優勝トロフィーとポーズをとる馬場咲希【写真:父・哲也さん提供】

宮里藍も指導した担当トレーナー鎌田貴氏の証言とは

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権で日本人として37年ぶりの優勝を飾った馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、1年半前から始めた本格トレーニングでレベルアップしていた。かつて宮里藍を担当した鎌田貴トレーナーの指導で、主に体幹を強化。さらに臀部、太もも裏を太くしたことで腰の回転がより速くなったという。もっとも、鎌田氏は「フィジカルの完成度はまだ3割程度」とし、現在270ヤード平均のドライバーショットはさらに伸びると明言。その恵まれた素材から、馬場のことを「神様から選ばれた人」と表現した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 鎌田氏は、馬場の快挙を滞在先の仙台で知ったという。

「仕事が終わった翌日に残って、ゴルフをしていましたが、咲希のことが気になって、自分のプレーどころではありませんでした(笑)。本当にすごいことをやってのけたと思います。長丁場もよく乗り切りました」

 馬場との出会いは2021年の春だった。鎌田氏と契約している男子プロゴルファーの内藤寛太郎に近い関係者が、馬場の父・哲也さんと接点があったことがきっかけだった。宮里をリスペクトする哲也さんは、鎌田氏がかつて宮里を指導していたことを知り、「ぜひ、うちの娘を見てほしい」と依頼。若手アスリートの育成に尽力している鎌田氏も快諾した。

「咲希が最初に来た時は高校入学の直前で、今よりも細い状態でした。まずは、その長い手足を生かせるようにと考え、しっかりとしたコア(体幹)を作ることにしました。体の動きは全てが連鎖しているのですが、最も大事なのはコアです。車で言うなら、エンジンの動力を伝えるドライブシャフトの部分です。そのために、股関節、肩甲骨を含めたコアを強化するトレーニングを重ねていきました」

 その上で昨秋から今春にかけて、下半身、臀部、ももの裏側を中心に筋力を強化したという。結果、臀部は6センチ、大腿部は4.5センチほど太くなり、腰の回転がスピードアップ。スイングの安定感も高まり、ドライバー飛距離が伸びたという。この点は、馬場自身も6月に「THE ANSWER」のインタビューで証言している。

「飛距離は小6で200ヤードぐらいでしたが、同世代ジュニアの中では、飛ぶ方ではありませんでした。ただ、中2になって体重を増やしたり、高校に入る少し前から本格的にトレーニングを始めて、飛距離がすごく伸びてきました」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集