[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス戦で出た困惑判定 不満を爆発させた投手「俺は5失点の責任を負うが…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)の本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場し、4打数3安打で8月4日以来の猛打賞。チームは2-8で敗れたが、9回の守備では際どいボール判定をきっかけに失点を重ねた。“被害者”のジェシー・チャベス投手は「あの場面では決して起きてはいけない」「俺は5失点の責任を負うが彼は何もする必要がない」と球審に不満を示した。

エンゼルスのジェシー・チャベス【写真:Getty Images】
エンゼルスのジェシー・チャベス【写真:Getty Images】

マリナーズ戦の9回に起きた際どいボール判定とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)の本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場し、4打数3安打で8月4日以来の猛打賞。チームは2-8で敗れたが、9回の守備では際どいボール判定をきっかけに失点を重ねた。“被害者”のジェシー・チャベス投手は「あの場面では決して起きてはいけない」「俺は5失点の責任を負うが彼は何もする必要がない」と球審に不満を示した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 際どい判定が生まれたのはエンゼルスが2-3で追いかける9回1死走者無しの場面。カウント2-2からチャベスが投じた一球は、画面に表示された長方形のストライクゾーンの内側に収まっていた。三振かと思われたが球審の手は動かず。マウンド上のチャベスも戸惑ったようにその場に立ち尽くした。これには現地の実況席からも「完全にストライクなはずです」「理解できません」と困惑の声が上がっていた。

 チャベスは、この打席で四球を許すと、この後2ランを含め5失点した。実際の映像を米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。文面には「公平に見て、ど真ん中ではなかった」と皮肉を綴った。試合後、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者が自身のツイッターでチャベスのコメントを紹介。ベテラン右腕は球審への不満を爆発させた。

「人間はミスを起こす。でもあのような場面では起きてはいけない。自分は5失点の責任を負い、どのように立て直すかを考え出す。悲しいのは、彼は明日、三塁審として戻ってきて、何もする必要がない。説明責任がある。俺は2-2からの一球について、ここで答えているけど、これが答えであるべきじゃない。それは彼のやるべき仕事だ。自分も良い投球をしなきゃいけない。でもこのような試合で、あんなことは起きちゃいけないんだ」

 38歳のチャベスは2008年のメジャーデビュー以来、合計9球団で15年間プレーしてきたベテラン。8月にトレードでブレーブスからエンゼルスに移籍。以降、7試合に登板し1勝を挙げている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集