[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、46cmも曲がる新球種 右打者に脅威のボールに米仰天「平均155kmは問題だ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点、8奪三振と先発の役割を果たしたが、今季11勝目とはならなかった。この試合で注目を集めたのは大谷が投じた新球種。米データ分析会社は「平均155キロで46センチも曲がった」と驚きを持って伝えている。

エンゼルスの大谷翔平投手【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平投手【写真:Getty Images】

「2番・投手兼DH」で出場した本拠地マリナーズ戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点、8奪三振と先発の役割を果たしたが、今季11勝目とはならなかった。この試合で注目を集めたのは大谷が投じた新球種。米データ分析会社は「平均155キロで46センチも曲がった」と驚きを持って伝えている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 注目を集めたのは3回2死一塁で、相手の4番ハニガーにフルカウントから投じた6球目。内角に食い込むような軌道の一球はボールと判定されて四球になったが、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエノ・サリス記者もこのボールが「ツーシーム」であるとツイッターで反応していた。

 米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターも「ショウヘイ・オオタニは今夜ツーシームを投げた! 平均97マイルで18インチ曲がるのは問題だ!」との文面とともに、大谷の新球種に言及。分析によるとツーシームは合計5球投じられ、平均97マイル(約156.1キロ)の球速で18インチ(約45.72センチ)の曲がり幅があったとしている。

 右打者には高速で内角に食い込むような軌道。これには米ファンも「ゲームでこの球が実装されることを想像してみて」「ショウヘイ、シンカーは覚えていないよね……?」「基本的に彼は何でもできる」「これは武器になる。狂気だ」と反応。思いがけない新球に驚きと興奮が入り混じっているようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集