[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 斎藤佑樹が2度目先発、同期ドラ1トリオの今 福井も初先発、そろい踏みの可能性も

斎藤佑樹が2度目先発、同期ドラ1トリオの今 福井も初先発、そろい踏みの可能性も

プロ野球は交流戦の真っただ中。12日の注目は日本ハム・斎藤佑樹投手だろう。阪神戦(札幌D)で今季2度目の先発。昨年5月31日以来、1年ぶりの勝利を目指す。30歳を迎えたプリンスが、背水のマウンドに上がる。

斎藤が阪神戦で先発する札幌ドーム【写真:photolibrary】
斎藤が阪神戦で先発する札幌ドーム【写真:photolibrary】

斎藤が阪神戦で今季2度目の先発、30歳初登板の結果はいかに

 プロ野球は交流戦の真っただ中。12日の注目は日本ハム・斎藤佑樹投手だろう。阪神戦(札幌D)で今季2度目の先発。昨年5月31日以来、1年ぶりの勝利を目指す。30歳を迎えたプリンスが、背水のマウンドに上がる。

【特集】第二の内村航平、白井健三を「逆立ち女子」が“街の子ども”に体操を教える理由 / 体操 岡部紗季子さんインタビュー(GROWINGへ)

 斎藤は早実で甲子園優勝。早大では東京六大学史上6人目の通算30勝、通算300奪三振を達成。2010年のドラフトで4球団に1位指名され、日本ハムに入団。ここまで通算15勝(23敗)をあげている。

 同年のドラフトでは早大から、斎藤を含め、大石達也(西武)、福井優也(広島)と3投手が1位で指名された。同じ大学の投手3人が1位指名を受けたのはドラフト史上初の出来事だった。斎藤以外の2人も今季は苦戦が続いているが、“早大ドラ1トリオ”のここまでを振り返ってみた。

〇斎藤佑樹(日本ハム)
2018年:1試合0勝0敗 防御率2.45
 通算:75試合15勝23敗 防御率4.23

 今季は1軍で1試合。2軍で9試合登板で1勝2敗1セーブ、防御率2.51とまずまずの成績を残し、今季2度目の先発チャンスを掴み取った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー