[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外アマ野球で話題 カナダの16歳女子、男子公式戦登板で殿堂入り「歴史が作られた」

日本では夏の高校野球が盛り上がる中、カナダで4年に一度開催されるジュニアのスポーツ大会「カナダゲーム」の男子野球競技に、史上初めて女性選手が出場した。大会前から大きな話題を集めていた16歳の女性投手は試合途中に1回1/3を投げて、新たな歴史を樹立。投じたボールが野球殿堂入りを果たすこととなり、話題を呼んでいる。

カナダの男子野球に史上初めて女性選手が出場した(「カナダゲーム」のメディア部門マネージャー、クリストファー・セグイン氏のツイッターより)
カナダの男子野球に史上初めて女性選手が出場した(「カナダゲーム」のメディア部門マネージャー、クリストファー・セグイン氏のツイッターより)

カナダのジュニアスポーツ大会「カナダゲーム」の男子野球競技

 日本では夏の高校野球が盛り上がる中、カナダで4年に一度開催されるジュニアのスポーツ大会「カナダゲーム」の男子野球競技に、史上初めて女性選手が出場した。大会前から大きな話題を集めていた16歳の女性投手は試合途中に1回1/3を投げて、新たな歴史を樹立。投じたボールが野球殿堂入りを果たすこととなり、話題を呼んでいる。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ニューファンドランド・ラブラドール州代表の16歳ジャリダ・リー選手は7日(日本時間8日)のアルバータ州戦に登板。右オーバースローのダイナミックなフォームからの力強いピッチングで、内野ゴロに打ち取るシーンも見られた。登板した4回は無失点に抑える好投。5回に失点して降板したものの、1回1/3の力投は周囲に大きなインパクトを与えた。

「カナダゲーム」のメディア部門マネージャー、クリストファー・セグイン氏は自身のツイッターにリーの投球動画を公開。「歴史が作られた。ジャリダ・リーはカナダゲームの男子野球競技で初めてプレーした女子選手に」と紹介した。さらに「彼女が投じた球はカナダの野球殿堂博物館に贈られる」と歴史的投球が“殿堂入り”することも伝えている。

 リーについては大会前の7月31日(同1日)にカナダ公共放送「CBC」が特集記事を掲載。「16歳の彼女はオンタリオ州ナイアガラで開催されるカナダゲームで、2つの栄誉を手にする。まずは開会式でニューファンドランド・ラブラドールの州旗を持って開会式に参加する。そして、男子チームで初めてプレーする女子選手になるのだ」と紹介していた。

 リーの実力は折り紙付きで、カナダのダートマスで2021年に開催されたアトランティック・トーナメントでは、ニューファンドランド・ラブラドール州の男子U-17の代表として登板。女子初めての勝利投手に輝いているという。記事内では「何人かの親たちからは『あれは女の子か?』という声が聞こえてきます」「私が球を投げると、よく分からないけどみんな黙るんです」といったリー自身のコメントも掲載している。

 今大会の選手紹介の投稿でも「80マイル(約128.75キロ)を上回る直球で打者たちを苦しめる」との触れ込みだったリー投手。カナダの野球史に大きな足跡を残したようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集