[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強右腕デグロムがわずか56球で演じた快記録とは 中継局「達成者はもう1人…大谷だ」

米大リーグ・メッツのエース右腕ジェイコブ・デグロム投手が7日(日本時間8日)の本拠地ブレーブス戦で6回2死まで完全投球を演じ、6回途中2失点12奪三振で今季初勝利を挙げた。この登板でデグロムは今季、エンゼルス・大谷翔平投手しか成し遂げていない、ある記録を達成した。

今季初勝利を挙げたメッツのジェイコブ・デグロム【写真:ロイター】
今季初勝利を挙げたメッツのジェイコブ・デグロム【写真:ロイター】

デグロムが6回2死までパーフェクトの快投

 米大リーグ・メッツのエース右腕ジェイコブ・デグロム投手が7日(日本時間8日)の本拠地ブレーブス戦で6回2死まで完全投球を演じ、6回途中2失点12奪三振で今季初勝利を挙げた。この登板でデグロムは今季、エンゼルス・大谷翔平投手しか成し遂げていない、ある記録を達成した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 初回からアクセル全開だった。先頭打者を打ち取り、昨季39本塁打の強打者マット・オルソンと対峙。1-2と追い込んでからの4球目、内角低めに101.6マイル(約163.5キロ)の直球を投げ込んで空振り三振を奪った。これは、デグロムが三振を奪った球としてはキャリア最速の一球。その後も快投を続け、5回2/3で降板するまで12奪三振を記録した。

 オルソンから三振を奪った164キロにMLB公式ツイッターが脚光を浴びせた。実際の映像を公開すると、米ファンから「デグロムが復活」「チートコード」「打者は完全に抑えられている」など驚愕のコメントが集まった。

 また、デグロムはこの登板で、今季大谷しか成し遂げていない記録を達成したと、米地元中継局「スポーツネット・ニューヨーク」が試合中に紹介した。

「デグロムは5回までに10個の三振を奪いました。わずか56球。これは(MLB全体で)今季2度目の出来事です。56球以下で10奪三振を記録しているのは、あともう1人います。ショウヘイ・オオタニです」

 デグロムはサイ・ヤング賞を2度受賞しているMLB最強右腕。故障から復帰2試合目の登板だったが、すでに“完全復活”を遂げているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集