[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子らと激戦 優勝のブハイを“待った”韓国選手の行動に日本人も「感動」

米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが7日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で最終日が行われ、5打差2位から出た2019年女王の渋野日向子(サントリー)は通算9アンダーで1打差3位。アシュリー・ブハイ(南アフリカ)が通算10アンダーで優勝し、夫・デビッドさんと歓喜の抱擁を交わした。この時、プレーオフで敗れた韓国のチョン・インジの行動に「感動」と声が上がった。

プレーオフで敗れたチョン・インジの行動に「感動」の声【写真:Getty Images】
プレーオフで敗れたチョン・インジの行動に「感動」の声【写真:Getty Images】

夫婦セレブレーションを笑顔で見守ったチョン・インジに「本当の強さを感じた」

 米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが7日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で最終日が行われ、5打差2位から出た2019年女王の渋野日向子(サントリー)は通算9アンダーで1打差3位。アシュリー・ブハイ(南アフリカ)が通算10アンダーで優勝し、夫・デビッドさんと歓喜の抱擁を交わした。この時、プレーオフで敗れた韓国のチョン・インジの行動に「感動」と声が上がった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 決着の瞬間はプレーオフ4ホール目に訪れた。18番のパー4、グリーン脇から難しいバンカーショットをピン1メートルにつけたブハイ。ボギーとなったチョンに対してパーをセーブし、ついに勝負を決めた。敗れたチョンは健闘を称え合うハグを交わそうと、ブハイに近寄った。しかし、それより早く抱きついたのが、ブハイの夫・デビッドさんだった。それをチョンはすぐそばで笑みを浮かべながら、2人に温かいまなざしで見守った。

 ネット上では「インジ選手、終始笑顔、そしてプレーオフ敗退が決まった後にブハイ選手のセレブレーションを待つ姿…本当の強さを感じました。感動、感謝」との声も上がり、日本人の視線も釘付けにした場面は大会公式ツイッターでも紹介されている。惜しくも1打差でプレーオフに持ち込めなかった渋野もデビッドさんを激励し、話題になっていたが、全英で生まれた夫婦の美しい絆は、競い合ったライバル選手も魅了したようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集