[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

喜び爆発、伊藤美誠 衝撃の番狂わせをITTFが称賛「前評判に反し、リベンジ果たした」

卓球の荻村杯ジャパン・オープンは10日、最終日を行い、女子シングルス決勝では世界ランク6位の伊藤美誠(スターツ)が同3位の王曼イク(中国)を4-2で破り初優勝。男子シングルスでも、世界ランク10位の張本智和(エリートアカデミー)がロンドン五輪金メダリストの張継科(中国)に4-3で逆転勝ちし、日本勢のアベックVを成し遂げた。

伊藤美誠【写真:Getty Images】
伊藤美誠【写真:Getty Images】

過去6戦全敗の中国の新鋭を倒して、福原愛以来日本人2人目の頂点に

 卓球の荻村杯ジャパン・オープンは10日、最終日を行い、女子シングルス決勝では世界ランク6位の伊藤美誠(スターツ)が同3位の王曼イク(中国)を4-2で破り初優勝。男子シングルスでも、世界ランク10位の張本智和(エリートアカデミー)がロンドン五輪金メダリストの張継科(中国)に4-3で逆転勝ちし、日本勢のアベックVを成し遂げた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 伊藤が10代対決を制し、頂点に上り詰めた。第6ゲーム、11-10で迎えたマッチポイント。伊藤のバックハンドレシーブに、相手の強打がアウトに。頂点に上り詰め、ガッツポーズしながらぴょんぴょんと飛び跳ねて喜んだ。

 2013年の福原愛以来、5年ぶり、同種目では日本人史上2人目のジャパンオープン制覇。国際卓球連盟(ITTF)は中国の新鋭を相手に番狂わせを起こした、日本の期待の星を称えている。

「前評判に反して、ミマは日本人としてジャパン・オープン史上2人目の優勝を果たした。過去6戦全敗であった王曼イク(中国)に北九州でリベンジを果たした」

 公式サイトでこう伝えている。過去の対戦は6戦全敗。世界ランクでも相手が上で、下馬評は不利だった。この日の午前中に行われた準決勝でも陳幸同(中国)を0-3という絶望的な状況から大逆転勝利を飾っており、驚異の粘り強さを発揮した格好だった。

「王にはプレッシャーがかかっており、第5ゲームをとったことで流れが変わり始めるかとも思われたが、第6ゲームではポイントを連取した地元である日本期待のイトウが、歓喜する結果となった」

 卓球王国、中国の上位勢を連破して頂点に立った伊藤。男子の張本との10代コンビは、今や世界のトップに肩を並べる存在となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集