[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100mでありえない「カメラ目線」のゴール写真 “余裕の9秒91”の19歳海外選手が話題

コロンビア・カリで行われている陸上のU20(20歳未満)世界選手権の男子100メートル決勝で、ボツワナの19歳レツィレ・テボゴがU20世界新記録となる9秒91(追い風0.8メートル)で優勝し、世界に衝撃を与えた。残り30メートル付近から横を向きながら駆け抜けたパフォーマンスに驚きの声が続出。世界陸連(WA)は「カメラ目線の笑顔でフィニッシュ」と“笑撃”の判定写真を公開した。

ボツワナの19歳レツィレ・テボゴ【写真:ロイター】
ボツワナの19歳レツィレ・テボゴ【写真:ロイター】

陸上のU20世界選手権男子100m、右を向いてフィニッシュした選手の1枚とは

 コロンビア・カリで行われている陸上のU20(20歳未満)世界選手権の男子100メートル決勝で、ボツワナの19歳レツィレ・テボゴがU20世界新記録となる9秒91(追い風0.8メートル)で優勝し、世界に衝撃を与えた。残り30メートル付近から横を向きながら駆け抜けたパフォーマンスに驚きの声が続出。世界陸連(WA)は「カメラ目線の笑顔でフィニッシュ」と“笑撃”の判定写真を公開した。

 テボゴが完全に右を向いた。2位以下を突き離すと、残り30メートル付近からメインスタンド側を向いて右手でセレブレーション。通常のフィニッシュ時は懸命に胸を突き出す選手がほとんどだが、19歳の逸材はなんと上半身ごと体をカメラに向けていた。余裕のポーズを取っている。

 そのレースぶりは“動かぬ証拠”としても残った。WA公式ツイッターはレース後に「カメラ目線の笑顔でフィニッシュ」という文面でゴール時の判定写真を公開。セイコー社による1枚は、他の7選手と対照的だ。これにはファンからも「彼はウサイン・ボルトだった」「(他選手を)ディスってるね(笑)」「これは歴史になる」「3着と4着は同時だな……」と驚きの声が上がるなど話題を集めている。

 7月のオレゴン世界陸上は準決勝敗退だったテボゴ。今大会は200メートル予選でも19秒98(追い風0.4メートル)の大会記録を出している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集