[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子の“全英フィーバー”を同組で体験 小祝さくらが回顧「ファンが多かった」

女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは5日から3日間、札幌国際CC島松C(6557ヤード、パー72)で行われる。初の地元優勝を狙う小祝さくら(ニトリ)は公式会見に出席し、3年前の“渋野フィーバー”を回顧。地元初優勝に向けた思いを語った。

小祝さくら【写真:Getty Images】
小祝さくら【写真:Getty Images】

3年ぶり開催の北海道meijiカップが5日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは5日から3日間、札幌国際CC島松C(6557ヤード、パー72)で行われる。初の地元優勝を狙う小祝さくら(ニトリ)は公式会見に出席し、3年前の“渋野フィーバー”を回顧。地元初優勝に向けた思いを語った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今大会はコロナ禍の影響で過去2年中止となり、3年ぶりの開催。その3年前の2019年大会は、直前の海外メジャー・AIG全英女子オープンで渋野日向子(サントリー)が日本勢42年ぶりの海外メジャー制覇を果たし、凱旋試合として出場して大きな注目を集めた。

 そんな状況で、同じ黄金世代の小祝は渋野と一緒の注目組でラウンド。当時のことを聞かれると、こう振り返った。

「3年前は(渋野が)優勝直後で、凄くギャラリーも多かった記憶があります。(メジャー)優勝した選手とすぐにプレーできるなんてすごいな、という気持ちでプレーしていた思い出があります」

 北海道で行われた2週前の大東建託・いい部屋ネットレディスでは初日の“ワンバンイーグル”、3日目の“ダンクイーグル”と派手なショットを決め、3位フィニッシュでギャラリーを沸かせた。今回狙うのは地元V。「アマチュアの時に初めて出させてもらった大会で、すごく思い入れもある大会。地元で優勝したいという気持ちはあります。自分のベストを尽くしていいプレーが出来たらいいです」と語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集