[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7敗大谷翔平の途中降板に「我が家で興味深い議論」 米識者の問いかけに米ファン辛辣

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、5回2/3を7安打7奪三振で3失点、打者として3打数無安打で交代した。自らも打てず、やや苦しい投球だったものの、味方の援護も1点のみで今季7敗目(9勝)。米識者は「チーム強化にオオタニが何人必要?」と珍質問をすると、米ファンから「全員分」などと厳しい回答が集まった。

アスレチックス戦に2番・投手兼DHで先発も今季7敗目を喫した大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦に2番・投手兼DHで先発も今季7敗目を喫した大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が6回途中3失点で降板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、5回2/3を7安打7奪三振で3失点、打者として3打数無安打で交代した。自らも打てず、やや苦しい投球だったものの、味方の援護も1点のみで今季7敗目(9勝)。米識者は「チーム強化にオオタニが何人必要?」と珍質問をすると、米ファンから「全員分」などと厳しい回答が集まった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷は序盤からエンジン全開だったが、完璧ではなかった。初回からスライダーを3球続けて空振り三振を奪うなど、3者凡退でスタート。5回までに7三振をマークしたが、6回につかまった。3番マーフィーに左越え2ランを被弾。2死一、二塁のピンチを招いて無念の途中降板となった。

 走者を残してマウンドを譲ったものの、3失点は通常なら悪くない数字。だが、援護がなかったこともあり、米衛星ラジオ「シリウスXM」の番組「ザ・ファンタジー・アラーム」のホストのジェフ・マンズ氏はツイッターにこうつづった。

「今夜、我が家では興味深い議論がなされている。エンゼルスが競争力のあるチームになるには、ショウヘイ・オオタニが何人必要?」

 同氏は妄想トークを繰り広げた様子。米ファンからは「チーム全員分だ」「トラウト離脱中だから8、9人だろう」「2投手・オオタニと2打者・オオタニだね」「5人だ」「5、6人」「9人だ」「4人」と厳しい回答が多く寄せられた。

 勝てばMLBで1918年ベーブ・ルース(当時レッドソックス)以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成していたが、今回もお預けに。メジャー最多5714奪三振のノーラン・ライアンが1977年に記録した7試合連続2桁奪三振の球団記録に並ぶことができず、日米通算1000奪三振も2つ届かなかった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集