[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ選手が生んだ共感の輪 コロナ禍の学生30人と実現、“真夏の文化祭”に込めた想い

名古屋市の繁華街、栄にある商業施設で7月30日、「通りすがりの文化祭~“青春”取り戻し大作戦~」というイベントが開かれた。主催者はバスケットボールBリーグ・名古屋ダイヤモンドドルフィンズの齋藤拓実。新型コロナウイルス感染症の影響で学校行事が中止に追い込まれた学生たちに、青春の思い出をつくる場を提供できないだろうか――。プロスポーツ選手の想いから発足したプロジェクトに、地元の高校生や大学生が共感して、“真夏の文化祭”が実現した。

齋藤拓実(中央)とワークショップで話し合う学生たち【写真:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】
齋藤拓実(中央)とワークショップで話し合う学生たち【写真:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

Bリーグ名古屋Dの齋藤拓実が発案、名古屋市内で学生たちとイベントを開催

 名古屋市の繁華街、栄にある商業施設で7月30日、「通りすがりの文化祭~“青春”取り戻し大作戦~」というイベントが開かれた。主催者はバスケットボールBリーグ・名古屋ダイヤモンドドルフィンズの齋藤拓実。新型コロナウイルス感染症の影響で学校行事が中止に追い込まれた学生たちに、青春の思い出をつくる場を提供できないだろうか――。プロスポーツ選手の想いから発足したプロジェクトに、地元の高校生や大学生が共感して、“真夏の文化祭”が実現した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 会場の「オアシス21 銀河の広場」には、齋藤が学生たちとともに用意したブースが並んだ。水槽の中の皿にコインを投げ込んで得点を競う「コイン危機一髪!!」、目隠しで頭や体に付けた紙風船を割り合う「暗闇バトル」、ゴムボールなどでフリースローをする「敵船を狙え!」などのミニゲームエリア。地面に広げた大きな布(キャンバス)に平和をテーマに絵を描くアートエリア。北海道や長野、沖縄の特産品を置いた修学旅行エリア。参加の記念撮影をする映えスポット。6月に2回開いたワークショップなどを経て、高校生や大学生らが企画した出し物だ。齋藤がクラウドファンディングで開催費用の約150万円を集めた。猛暑の中、午前11時から午後3時まで開催したイベントに600人近くが訪れる盛況だった。

 きっかけは、あいみょんだった。

「アーティストのあいみょんさんが好きで、出演するテレビの番組を録画して観たんです」

 高校生1000人とオンラインでつながって、歌を作って一緒に歌うという内容だった。作曲の過程で高校生たちのエピソードや生活の背景などが明らかにされていく。その中に、コロナ禍の影響があった。

「背景を知った上で曲を聞いたらすごく感動した。自分の学生時代を振り返った時に、バスケットがメインではあったものの、体育祭だったり、文化祭だったり、授業も含め、楽しい思い出があった。それを味わえない、経験できないと、やっぱりつらいよなあと考えて、僕も何かできることはないかなっていうところから始まりました」

 今年4月のことだ。翌日、その想いをチーム最年長36歳の中務敏宏に伝えると、フロントに話をつないでくれた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集