[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、後半戦1号は衝撃の低弾道20号! 米記者戦慄「地上3mくらいでは?あり得ない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブレーブス戦に「1番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放った。衝撃の超低弾で放った一発に、米記者も「地上3メートルくらいでは? あり得ない」と驚きを隠せなかった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ブレーブス戦で驚きの弾丸ライナー弾

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブレーブス戦に「1番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放った。衝撃の超低弾で放った一発に、米記者も「地上3メートルくらいでは? あり得ない」と驚きを隠せなかった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 後半戦1号を豪快にぶっ放した。大谷は1-7で迎えた5回1死、先発右腕カイル・ライトのチェンジアップを強振。超低弾道で飛んで行った弾丸ライナーは失速することなく、右翼席に突き刺さった。敵地アトランタのファンの度肝を抜いた。

 2年連続3度目の20号到達となり、ツイッター上では米記者から驚きの声が続々。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニはライナーで右翼席へ。得点は2-7。これが今季20号」と伝えた。

 過去に米ヤフーニュースなどに寄稿経験のあるデービッド・キャロル氏は「オオタニの本塁打は地上からわずか10フィート(約3メートル)くらいの高さではなかったか? あり得ない」と超低弾道に衝撃を隠せなかった。

 MLB公式サイトによると、打球速度110.2マイル(約177.4キロ)、発射角度22度、飛距離361フィート(約110メートル)だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集