[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ北口榛花、日本女子初メダル快挙を同世代サニブラウンも称賛「ぱるすげーや」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した。今大会で男子100メートル日本人初のファイナリストとなった同世代のサニブラウン・ハキームも脱帽した。

世界陸上、女子やり投げで銅メダルを獲得し大喜びの北口榛花【写真:ロイター】
世界陸上、女子やり投げで銅メダルを獲得し大喜びの北口榛花【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した。今大会で男子100メートル日本人初のファイナリストとなった同世代のサニブラウン・ハキームも脱帽した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今季は6月のダイヤモンドリーグ第7戦に63メートル13を投げ、日本人初優勝。今大会の予選では今季自己ベスト64メートル32をマークしていた。この日は1投目で62メートル07を投げ、暫定2位に。以降、記録を伸ばせず5位で迎えた最終6投目に63メートル27を投げ、再び2位に浮上した。1人に抜かれたものの、3位に滑り込み、銅メダルを獲得。競技後はコーチと抱き合い、トレードマークの笑みに涙が入り混じった。

 歴史的快挙を受け、1学年下の23歳サニブラウンがツイッターを更新。「ぱるすげーや」と北口のあだ名で祝福した。北口とは、同じ日本陸連の有望若手育成プログラム「ダイヤモンドアスリート」出身。若い時から海外で武者修行してきた立場としてもうれしい快挙となった。他にも陸上界、スポーツ界から多くのお祝いのコメントがツイッター上で寄せられており、北口の快挙にアスリートも沸いている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集