[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武が「ライオンズカップ」開催 中学硬式の16チーム選抜、今井「とにかく楽しんで」

プロ野球・西武は、コミュニティ活動「L-FRIENDS」で掲げている「野球振興」の一環として、7月25~26日に地元埼玉を含む北関東の中学硬式野球チームを対象とした「ライオンズカップ第11回中学硬式野球選抜大会スペシャルマッチ」をベルーナドームで開催すると発表した。

前回行われたライオンズカップの様子【写真:球団提供】
前回行われたライオンズカップの様子【写真:球団提供】

今井が中学時代に所属した「鹿沼ポニー」も初参加

 プロ野球・西武は、コミュニティ活動「L-FRIENDS」で掲げている「野球振興」の一環として、7月25~26日に地元埼玉を含む北関東の中学硬式野球チームを対象とした「ライオンズカップ第11回中学硬式野球選抜大会スペシャルマッチ」をベルーナドームで開催すると発表した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 この大会は、今後も野球を継続してプレーするきっかけを提供することを目的としてプロ野球の本拠地で試合を行っており、2012年の初開催から今年で11回目の開催となる。

 参加チームは、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の中学硬式野球チームから各連盟、協会の推薦により全16チームが選抜され、計8試合が行われる。今井達也が中学時代に所属していた栃木県の「鹿沼ポニー」も初めて参加する。

 今井は、ライオンズのホームユニホームをモチーフにしたデザインのユニホームを鹿沼ポニーへ贈るといった野球振興活動に取り組んでおり、大会へ参加する子どもたちへは「仲間たちとの最高の思い出ができるように、とにかく野球を楽しんでもらえるとうれしいです」とエールを送った。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当日入場できるのは監督、選手、チーム関係者のみで、一般の観戦はできないが、大会の結果は後日、西武のオフィシャルサイトで公開する。

■今井達也投手コメント

「中学生の頃に、鹿沼ポニーで仲間たちと夢中になってプレーしたことやその時に教わったことは、プロ野球で戦う今でもよく覚えています。仲間たちとの楽しい思い出は、野球人生の一生の財産になると思います。ライオンズカップでは、プロ野球で使用するベルーナドームのグラウンドで、仲間たちとの最高の思い出ができるように、とにかく野球を楽しんでもらえるとうれしいです。僕も子どもたちに夢や野球の楽しさを伝えられるようにがんばります!」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集